宮津エコツアー · 歴史文化

歴史文化

10月と11月にも杉山と宮津街道整備を行いました。

杉山元普甲道から山に入り嫁入り道へと降りていきます。dscn8376この日は曇りから晴れへと変わり展望よし・・・

 

dscn8374

刈り払い機でササを刈っていきます。

dscn8377

作業が終わり・・・皆さんご苦労様でした。

 

11月に入って今度は宮津街道整備です。

 

dscn8672

スキー場に集合

 

dscn8677

大笠山コースのスキー場横から宮津街道に入っていきます。

 

dscn8681

石畳の上には杉の枝がびっしりと落ちています。

 

dscn8684

ササを刈って落ち葉を除けて石畳が出てきました。

dscn8689

千年杉・・・宮津海道中間ぐらいに大きな杉があります。立派なので千年杉と名前がつきました。

 

dscn8697

上を見上げればコナラの紅葉がきれいです。

 

dscn8692

作業が進みます。

 

dscn8703

スキー場まで戻ると快晴の青空!!宮津湾も綺麗です。
皆様ご苦労様でした。

続きです。

まず地図です。
嫁入り道は杉山林道から

 

杉山マップ

中央左下に薄く点々で嫁入り道とありますが、クリックで拡大してみてください。桧川を渡渉すると作業道が桧川沿いに走っています。(地図では川と嫁入り道は交差してませんが)

 

 

午後からはメンバー一人が交代して4人で嫁入り道へ入ります。

DSCN8156茶屋ガ成るから歩いて5~6分嫁入り道の入口です。

 

DSCN8157

入ったところの道の右側は植林です。

 

 

DSCN8158

嫁入り道に入って1分のところに2本の天然スギが・・・昔、目印に植えられたのか?

 

DSCN8162

しばらく植林の中を歩いていくと倒木が・・・

 

DSCN8163

チェーンソーで処理を。

 

DSCN8164

植林が終わると雑木林に変わり、横には渓流が心地よい音をたてています。

 

DSCN8165DSCN8166二か所から地下水が湧き出ている場所がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫁入り道に入って約40分

 

DSCN8172

素晴らし休憩場所に出ました。滝のような渓流・・・暑い時はここでしばし体を休めるのにいい場所です。

 

DSCN8169

 

嫁入り道に入って約 1時間余りで

DSCN8175

立派なカゴノキ(鹿子の木)(クスノキ科)の株立がありました。素晴らしいですね!!自生でこんなカゴノキがあるんだ!!

 

DSCN8182

嫁入り道に入って約2時間少し巾の広い川が出て来ました。この川と合流している本流桧川を渡渉すると

 

DSCN8183

あらかじめ回しておいた車に着きました。辛皮作業道を走り高速の上の方、辛皮集落の上の市道に出ます。(普段は作業道は鍵がかけられて入ることはできません)

昨年秋に1回整備していただいて今回は嫁入り道の確認に歩きましたが、最初は植林の中を歩き、途中から雑木林になり横にはせせらぎが流れ次第に渓流となって歩く人を癒してくれます。初めて歩きましたが昔歩かれた道で大変良かったです。秋にはこの道のツアーも計画しなければ・・・

 

続きです。
宮津街道をスキー場まで上がり、杉山林道歩いて嫁入り道まで行きます。

 

          DSCN8143雨に濡れたエゴノキの花

 

DSCN8144

林道にはクマシデ(カバノキ科)もちょいちょいありますが・・・クマシデの果穂ミノムシみたいです。

 

DSCN8146

ヤマボウシ(ミズキ科)はもう終わりごろです。

 

DSCN8149

ここのノリウツギ(ユキノシタ科)は蕾一杯付けていますね。

 

DSCN8151

ウリハダカエデも種がすごいです。

 

DSCN8153オオカメノキ(スイカズラ科)は花が終わり実になっています。

DSCN8155

サルトリイバラ(ユリ科)も実が付いています。秋には赤い実になって彩りを付けてくれます。

      DSCN8152元普甲道・茶屋ガ成るに着きました。曇り空から晴れ間出て来ました。ここでお昼に・・・

続きます・・・

 

 

梅雨の合間に古道の整備に行って来ました。杉山の麓、岩戸に集合して、刈り払い機・チェーンソーを持って歩きます。私は写真係。 今日のコースは宮津街道を岩戸から登りスキー場へ、そこから杉山林道を歩き茶屋ガ成るを経て嫁入り道まで歩きます。嫁入り道を下の林道まで降りていきます。

今回はスキー場までの整備状況です。雨のあと晴れ予報ですがまだ曇りで蒸します。

 

DSCN8111道具を揃えて準備中。今日は午前中4人で整備です。

 

DSCN8114歩きだしたら早速に草が茂ってきます。二台の刈り払い機が活躍です。

 

DSCN8115

府道より上に入ると今度は倒木が横たわります。

 

DSCN8116

チェーンソーが活躍

 

DSCN8117あっという間に片付きました。

DSCN8118またまた障害物・・・

 

DSCN8120

これもすぐ片づけられました。

 

DSCN8125上から垂れ下がっている枝をのこぎりで片づける。

 

DSCN8131

杉の枝も刈り払い機で簡単に取り除く。

 

DSCN8138

スキー場下の階段までやって来ました。

 

DSCN8142スキー場まで上がりました。

 

DSCN8121

途中にはアカシデの果穂が長く垂れ下がり、これがシデの名前の由来・・・今年は紅葉が綺麗でないようです。というのは栄養分を全部果穂に取られ葉っぱは早くに落ちてしまいます。

 

DSCN8128これはアワブキ(アワブキ科)の花です。湿つたところにあります。

 

DSCN8129ノリウツギ(ユキノシタ科)の花が咲きだしました。

DSCN8136マタタビ(マタタビ科)の葉も白くなってきました。虫を寄せ付けるための工夫ですね。

 

続きます・・・・

 

 

9月5日夢会議の方・上宮津住民の方・エコツアーのメンバー総勢12名で元普甲道の整備を行いました。4班に分かれて、元普甲道の入口・茶屋ガ成る・辛皮側とに分かれて作業開始です。
元普甲道の入口について行きました。

 

DSCN5687元普甲道入口元普甲道の入口で

 

DSCN5688最初はこんな草です。

 

DSCN5689作業中・・・

DSCN5695石畳で石畳のそばで作業。

 

DSCN5698元普甲道の笹も鹿の食害で半枯れ状態です。こうなれば4~5年で綺麗に無くなります?

 

DSCN5697倒木処理途中に倒木が・・・

 

DSCN5703石畳2千年の石畳・・・苔むして雰囲気がありますね~

 

DSCN5704怪しげなキノコも。

 

DSCN5712茶屋ガ成るの整備茶屋ガ成るに到着。ススキと笹を刈り払います。

 

DSCN5707スキー場からの下り

スキー場からの道も刈ってもらいました。

皆様、大変お疲れ様でした。スキー場から茶屋ガ成るまで綺麗に登山道が通りました。

 

 

平成27年3月28日に世屋の昔噺を楽しむ会を開催します。みなさまのご参加をお待ちしています。

世屋の昔噺を楽しむ会のご案内

「世屋の昔噺を楽しむ会」へのご案内!

冬はなんとか短かくおわりそう、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

さて、「世屋の昔噺を楽しむ会」のご案内をさせていただきます。日本の農山村の人々は 里山の自然や技術、文化景観を作りつたえながら語りの文化もつたえて、子育てをしてきたのが昔噺です。
しかし、暮らしのスタイルの変化とともにお話がしていただける方はすくなくなっていました。世屋の里でもそうでしたけれども、光野さんさん、小川つやさん、大江ふささんたちが豊かに精確に語られる優れた語り部であることが知られ、ご健在なうちに、専門的に採集と記録がなされたことはたいへん幸せなことでした。その収集と研究を通して、その語りが奥丹後地方で語り継がれた純粋な内容を伝えていると高く評価され、その内容は日本放送協会出版 『日本の昔話21 丹後の昔話』(岡節三・細見正三郎編)に収められ、後世に伝えるものとなっています。
幸いにも、当時の採集テープが残されていることが数年前にわかりました。口調やことばのアクセントは文字になったものでは失われてしまいます。そのテープを生かして、復元を試みたいと考え源氏物語など古典文学の語りで知られる三田乙絵さんに相談したところ二つ返事、そのテープを生かして再現を試みていただける会を、京都府地域力再生支援事業の助成を受け開催できることになりました。
三田さんは、実は世屋の里ファン。学生の頃歌声のサークル夏合宿が上世屋寄宿舎旧公民館。祭りの振りも地元の皆さんの協力でならったということ。ふる里のように思うところとおっしゃいます。

IMG_3286

(↑ 会場ギャラリーて゛展示物をみておられるTさんは、つやさんの娘さん(^.^))

会では、新潟の民話も語っていただきます、また、語りには さん、さらにハープギター安田守彦さんの演奏も。春直前の藤織りの里でよみがえるふる里話、楽しんでいただければと思っていますのでぜひお越し下さい。
まもなく春の支度、何かと心せわしいことではあります。ご健勝にてお過ごし下さい。

日時 3月28日 午後4時~6時
会場 宮津世屋エコツーリズムガイドの会 事務所兼フォトギャラリー『蛙と人と土と水』

遅くなりましたが、H26.11.29付け京都新聞記事。やはりいろいろな道具が作られているのだなあと感心。

コウバシ。藤織りで藤の繊維をしごく道具。

 

 

 

10月8日参加者3名ガイド2名計5名で清々しい秋の古道を歩きました。

 

DSCN2890

高速トンネル上から登ります。

 

DSCN2892石畳

古い石畳を歩いて・・・

 

DSCN2894

古道入り口から約1時間で橋立展望のできる杉山茶屋ガ成へ。中央奥に小さく橋立が。

 

 

DSCN2897普賢堂前

 

 

 

 

 

 

寺屋敷には、平安時代に山嶽道場として開かれた普甲寺という寺があった。当時は一山六十余ヶ寺といわれた大寺でしたが、1571年小田信長の手の者によって焼かれたともいわれ今は本堂付近に普賢堂と礎石が残るのみです。
その普賢堂前で

 

DSCN2909

寺屋敷から府道を跨ぎショートカットの古道を歩いて、2年前かけた手作りの橋を渡り・・・

 

DSCN2916辛皮府道案内板

辛皮の府道に降りてきました。

 

DSCN2917

道端にはヤクシソウ(キク科)が薬師草と書き、苦いので薬効があると思われてつけられたとか

 

DSCN2919辛皮駅

辛皮駅で・・・汽車が来ました。

千年の昔をしのぎ初秋の古道を楽しく歩くことが出来ました。皆様お疲れ様でした。

 

 

上宮津地域会議の皆さんと夢会議の皆さんによって古道整備とあわせてスキー場から茶屋ガ成るへススキの中に道がつけられました。

DSCN2838スキー場から茶屋ガ成るへ

スキー場頂上から茶屋ガ成るへの道

 

DSCN2841茶屋ガ成るへススキの道

ススキの中に道が出来ました。 これでスキー場頂上から茶屋ガ成る、杉山林道へ直接降りる事が出来ます。

 

DSCN2821元普甲寺屋敷入口

元普甲道寺屋敷入口も・・・・

 

DSCN2835草苅後

綺麗になりました。

 

DSCN2823

辛皮への降り口も綺麗になりました。

 

DSCN2830アキギリ

道端にアキギリ(シソ科)が・・・・

整備に参加された皆さんご苦労様でした。

 

 

かっての普甲寺~成相寺への巡礼の道 千年の古道を歩きましょう。

 

歴史を感じながら、石畳の残る山道を歩く。DSCN4523元普甲石畳2

 

平安からの古びた石畳

 

 

古道を歩く。

 

DSCN4553

辛皮駅、ここからKTRで喜多駅まで戻ります。

 

日 時   10月8日 水曜日  9時~3時半

集合場所  KTR喜多駅 9時

持ち物・服装 弁当、お茶、雨具、防寒着、歩きやすい服装、靴

歩く距離  約4.4キロ.

参加費   500円と別にKTR辛皮駅~喜多駅料金大人210円子供110円

申し込み先 宮津市エコツーリズム推進協議会上宮津杉山部会 久古直子 0772-22-4739

 

石畳の残る古道、かって北の高野山と言われた普甲寺跡をたどる。終点辛皮駅は全国秘境駅の一つ。日本の原風景のような山里です。

 

 

 

 

 

« Older entries