宮津エコツアー · 12月 2017

12月 2017

うわぁ  すげぇー

DSCF2104

まいったぁー  言葉にならない、、、そんな感動を覚えました。

言葉の力です。!シンプルですけど、花が湧くように、排気ガスでさえ、花の香りがするようで、、、乗っている人なんかもう花の妖精のようにみえてきちゃう、、、、

なんともいえませんでしたよ、、、「花バス観光!」、、よく付けられましたなぁ、、、、、

DSCF2106
松本ナンバーでした。

DSCF2281

このツアーのコース、天の橋立経由森の美術館立ち寄り城崎行きなんですかねぇ、

「ようこそ丹後へぇ」  思わすいってしまいましたよ、

「紅」

DSCF1941

夕焼けの雪雲。今晩は積もるで。

「白」

DSCF1923

おうおう今年もきてくれたかいやぁ、かあいいゆきんこたちが、、!さむかろうでぬくもっていけぇや 餅やいたろか。

耳を澄ませば聞こえてきそう。

「白」

DSCF1882

山も念入りに白粉ぬって、今夜は雪将軍のお席でご接待とみえる。

「紅白」

DSCF1907

ひよどりもつぐみも貂も狸も狐もみんな心配せんでええ、腹一杯くってけ。

さて、寒波到来を待つように積雪深度標柱。

DSCF1858

これからの雪便りは、ここから発信されます。

さっそく、スノーシューウオークの問い合わせ。しかも

「(小学3年~中学3年生)25人、大人(指導者・保護者)10人以上」という大集団。えらいこってす。

なのに、菜の花!

DSCF1867

一足飛びに春になれ!

とはおもいますが、そうはいきません。

今年の冬はどんなドラマがまっているのでしょうか。

 

すっかり落葉した山と鈍色の雲!

DSCF1495

(↑ 岳 12/2)

この色あい、「丹後里山師走色」というのでしょうか!
師走の里山・五十河12/4の光景、
①ふゆいちご

DSCF1816

②がまずみ

DSCF1822

③落ち葉

DSCF1824

そして冬支度 その①だいこ掘って。

DSCF1820

その②大豆のがらを燃やして。

「冬将軍の軍隊がちかづいているぞぉ、そなえよぉ」

DSCF1818

そんなことを伝える烽火のようでした。