宮津エコツアー · トピックス

トピックス

日を置く!文字通りの日置の夜明けです。

20221109_065903

この日置発のすてきな記事。
20221114_180927
この様子、ネットでも。
  1. https://www.city.miyazu.kyoto.jp

2022年産「京都宮津オリーブ」 の収穫シーズンが始まりました

  1. https://www.city.miyazu.kyoto.jp

2022/10/21 -市内の搾油加工場:由良オリーブ加工場(宮津市石浦429番地) … 日置オリーブを育てる会への問い合わせは、090-5044-2902(担当:瀬戸).


  1. https://www.city.miyazu.kyoto.jp

“京都宮津オリーブ”2022年産オリーブオイルを搾油します。 – 宮津市

  1. https://www.city.miyazu.kyoto.jp
2022/10/18 -宮津オリーブ生産者の会」の 2022年度の搾油作業が始まりました。 2014年から市内で始まったオリーブ栽培は、現在、由良地区を筆頭に、日置・府中・ …

  1. https://www.kyoto-np.co.jp
  2. 60代の夢乗せ、オリーブ栽培順調 6年目の京都・宮津日置地区
  1. https://www.kyoto-np.co.jp
  2. 2022/1/26 -京都府宮津日置地区のオリーブ栽培が6年目を迎え、生産が軌道に乗りつつある。3年前の秋に初めて実を収穫して以降、毎年収穫量が倍増。昨年は地…

20221114_184645

「なにより一番の収穫は、」、、以下、「エネルギー源になっています。」

20221111_151033

久しぶりにしびれました。

[探究学習に取り組む高校生を紹介する「ちゃれんじ・探究クラブ」。初回のゲストは、京都府立宮津天橋高校宮津学舎3年の藤本和奏(わかな)さん。]

20220704_093332

[藤本さんは「丹POPO女子の見つけたこと」と名付けた取り組みを通じて、京都・丹後地域の在来タンポポの生態を研究しています。どんな探究なのか日本テレビ報道局の加藤聡がききました。https://news.ntv.co.jp>category>society

京都・丹後地方で在来種のタンポポの生態を探求 … – 日テレNEWS

1日前 -日テレNEWS · 京都・丹後地方で在来種のタンポポの生態を探求 「丹POPO女子が見つけたこと」【ちゃれんじ・探求クラブ】.]

20220704_093439

ちなみに、用いられているさとやま景観は上世屋、

20220703_164111

その今!

シリーズはじめに起用されたわかなさん、先頭打者ホームランでした。

ネットに配信中です。

葛蔓おのこ!

20220604_134251

葛・クズは丹後を起こすのだ

クズの秘密を解いてやるのだ

20220604_134615

、、、、この葛蔓の根株から、くず粉採取を試みたところ、お茶碗いっぱいぶんとれたそうです。

すごいじゃないですか。なので、

20220604_134324

クズで地球をすくうのだあー!

 

6月は紫色のファンファーレ。

20200620_143536

各田んぼに勢揃いした命たち

20220524_155203

いっせいにスタート、

20220525_100817

大切なのは毎日まいにちの対話

20220525_095618

ゴールは秋。

20210910_112557

「むりにならんようにきばりまひょうで」

20210518_171537

丘の上から、紫色のメッセージ

 

 

 

 

 

 

 

「ひいながさいたら粟を蒔け!」

20220510_175116ひいな

ひいなとは、タニウツギのことです。

では、なぜ、タニウツギのことを「ひいな」と呼ぶのか、

「上世屋ではひいながさいたら粟を蒔けと「ひいな」、弥栄町舟木では「ひいなご」とよんでいることについては、調査が及んでいないようです。その解釈のポイントは「な」なんでしょう、つまりおひたし、和え物、みそ汁、ご飯に混ぜるなど食用にしたということです。りょうぶも「な」を含む方言がある、「ギョーブナ(静岡・愛知・熊野・奈良)、ジョーブナ(三重・奈良・和歌山)、サダメシ(青森・岩手・宮城・秋田。サルナメシの転訛か)がそれで、このナは食糧となる『菜』を意味する。」と和泉光一さんがおっしゃっています。」、、、こんなくるしまぎれのあてずっぽうをかってしておりました。

20220508_131424ひいな

違いますよ ひいなとはひな、雛のことと 国語辞典編集者の 神永暁さん。

以下のように解いてくださいました。
「雛(ひな、ひいな)」とは、もともと小さくて可愛らしいものを表す言葉。 平安時代の「ひいな遊び」に使われたのは、紙や布で作られた素朴な人形だったと考えられています。 やがて時代がすすむにつれ「ひいな遊び」の人形は華麗で立派なものになり、飾って楽しむものへと変化していきます。

20220508_161231ひいな

、「雛」は古くは「ひいな(歴史的仮名遣いは「ひひな」)」と言うこともあった。ただし「ひな」も「ひいな」も今とは違い、ひな祭りに飾る人形のことではなく、女の子が玩具にする、紙や土、木などで作った小型の人形のことを言っていた。
「ひな」と「ひいな」ではどちらが古い言い方なのかよくわからないのだが、『日本国語大辞典 第2版』を見ると、平安時代の用例は「ひいな」の方が圧倒的に多い。
たとえば『源氏物語』には、幼い紫の上の姿が可憐に描かれた以下のような場面がある。
「ひゐななど、わざと屋ども造りつづけて、もろともに遊びつつ」(『源氏物語』若紫)
「屋」というのは人形の家屋のこと。人形遊びをしている紫の上と「もろともに遊」んでいるのはほほえましいことに光源氏である。

春のありまつ福寄せ雛さんぽ道/有松東海道沿い一帯 | 【公式】名古屋 ...
平安時代には、人形に着物を着せたり、いろいろな調度を整えたり飾ったりする女の子の遊びを「ひいな遊び」と呼んでいた。
『枕草子』の「すぎにしかた恋しきもの」の段にも、「枯れたる葵。ひひなあそびの調度(=道具)」とある。
これらの用例からもおわかりのように、平安時代には貴族の子女にとって「ひいな遊び」とはふだんの遊びであり、もともとは3月の節句と直接の関係はなかったのである。

20220508_131412

ひいながさいたら粟を蒔けというのは、上世屋の方言ではなく、平安時代の雅ことばだったのです。

 

やあるぜー、里山アクション

20200805_115333やるぞー 草刈り 里山 サイコー

彼のたっていたところに1本のサクラ。

20220416_135302hanai

「かれのおもいは、かかげた鎌をかいし、さとやまの天のかみさまと地のかみさまにつたわったのです。」

、、、としかおもえないのです。

 

 

海と山と空と人とを結び 咲き続ける一本のサクラ、

20220412_135010matuoなぜミサイルがいるこの平和守るのに海と山と人をつなぐ花これが平和ぞと

生きている意味、生かされている幸せをも語りあえる生まじめさ

20220412_134914マチュ尾ご挨拶して花撮りの旅

松尾一本さくらの魅力は、尽きることがありません。

それにつけてもそれは平和あってのこと、

この視線のかなたにおきているミサイルが打ち込まれ人権が犯されている事態

戦争はエコロジーの最大の敵、

庶民民衆の生業をみまもり、はげましつづけてこその国の指導者

20220412_144657

「みごとちりましょ 国のため」

神はそんなことを強いる権利を、だれにもあたえていませんよ。

20220412_134345人は去っても巡る春

学校が爆撃されていいる、

ほんとうにとんでもない非道きわまりないありえない事態です。

世界の先生、声をに一つnいにしましょう

、、、、、

あゝをとうとよ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ、
末に生れし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親は刃(やいば)をにぎらせて
人を殺せとをしへしや、
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや。

堺(さかひ)の街のあきびとの
舊家(きうか)をほこるあるじにて
親の名を繼ぐ君なれば、
君死にたまふことなかれ、
旅順の城はほろぶとも、
ほろびずとても、何事ぞ、
君は知らじな、あきびとの
家のおきてに無かりけり。

君死にたまふことなかれ、
すめらみことは、戰ひに
おほみづからは出でまさね、
かたみに人の血を流し、
獸(けもの)の道に死ねよとは、
死ぬるを人のほまれとは、
大みこゝろの深ければ
もとよりいかで思(おぼ)されむ。

あゝをとうとよ、戰ひに
君死にたまふことなかれ、
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまへる母ぎみは、
なげきの中に、いたましく
わが子を召され、家を守(も)り、
安(やす)しと聞ける大御代も
母のしら髮はまさりぬる。

暖簾(のれん)のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻(にひづま)を、
君わするるや、思へるや、
十月(とつき)も添はでわかれたる
少女ごころを思ひみよ、
この世ひとりの君ならで
あゝまた誰をたのむべき、
君死にたまふことなかれ

 君死にたまふことなかれ   
             旅順口包圍軍の中に在る弟を歎きて          
                                   與 謝 野 晶 子

、、、、、、、、、、、

20220412_150729

すぐに、

すぐにすぐにやめてください、やめさせてください

2022.4.14

宮津世屋エコツーリズムガイドの会

丹後半島エコミュージアムサービス

 

 

 

4月のファンファーレ

上世屋でフクジュソウが

20220329_164347世屋のファンファーレ

日置でモクレンが

20220330_084552日置モクレン

日置で探究部が、

20220330_092233春ファンファーレ

上世屋でも探究部が、4月のファンファーレを吹いている

20220330_114558

里山エコロジー世界

里山エコロジーのドラマップ

環境省がつくりました

さすがです

20220312_120345

ことしもここでまたこれから

命の

ドラマがくりひろげられます

20220312_あべさんしょううお

たのしみです

かわいいので、はるちゃん 。

20220315_122118は春だ

みんなおとこの子たちなので、春男君

20220315_122642はる

あぜのずえをなおしとかンなんわやあとかnあんとかかnんとか

20220315_124709春

ともかく、それぞれに 世屋の春、スタート。

« Older entries