宮津エコツアー · トピックス

トピックス

難波野オリーブ園の枝垂れ桜

IMG_6615

「令和の「月の夜」に難波野に蘇る天平の枝垂れ桜が、人類の難敵を討ち従えてくれましょうぞ!」

IMG_6574

これがお告げの夜桜です

IMG_6581

そうかぁ、このかたが令和のジャンヌダルクさくらかぁと思えます。

IMG_6636

暮らし方の現代化の付けを払わされていることを学びながら、今は心一つにじっとしていましょう。

IMG_6629

来年の今月今夜、難波野の枝垂れ夜桜、ぜひ見にいらしてください。

IMG_6642

「ライトアップ」もおそらくしてお待ちしているでしょう。

IMG_6666

 

 

 

与謝野町滝の野田川親水公園。

IMG_6125.jpgよさサクラ

丹後の町の中でもとりわけ花自慢の与謝野町、

IMG_6142

大江山から発し天橋立へ注ぐ倉梯川(野田川)の上流部にあって、とにかく、広いので、ゆったりのびのびと花を楽しむことが出来る、近郷随一の桜スポット!

IMG_6123

そして、きれいな水の立てる音は耳に心地よいです。

 

IMG_6122

「夏 河をこす うれしさよ 手に ぞうり」

IMG_6145

川の畔に立つ碑にはこう刻まれています。蕪村さんの句です、

IMG_6139.jpgxほ

彼がこの川を渡ったのは300年前のことですけれど、その川を今も子どもが渉ります、ランドセルをしょって!。

 

 

 

時の流れなんていうけど、みえるわけないじゃん!

そういう向きの方にお奨めスポット、丹後郷土資料館の桜。

IMG_5406

時は流れています、ごうごうざぁざぁ ごろ゛ろごろ と音をたてて流れております、といわんばかりの桜花。

IMG_5404

古民家は築180年といいます。

IMG_5432

古民具の展示も充実しています。

古式便器

IMG_5420

容器

IMG_5425

コロナ禍は現代の生活スタイルの見直しを求めているといいます、そのヒントはここにあるかもしれません。

IMG_5417

ここの桜の見どころは、天橋立を背にすること。

IMG_5416

日本三景を借景に従えて咲く桜は、めったにありません。

 

桜の花の下には「死人」が埋まっているという有名な詩の一節があります。だから美しいのだと。桜はメモリアル樹、埋められている死者の人生、生きた意味を語り伝えるのだという意味でしょうか。しかし、その事情を語り伝える人もなくなっています。桜には何かある、それを忍ぶのも桜の楽しみ方でしょうか。

その1、宮津・難波野の麓神社のサクラ。

IMG_5280

花が白花で葉と一緒に出るタイプです、

IMG_5281

種類をチェックすると、赤味大島が近いようですが、どうなんでしょうか!

麓神社の神木ムクノキは、周径505cmの巨樹です。

IMG_5288

その2 府中の成相寺本坂道入り口のソメイヨシノ

IMG_5270

旧い地蔵堂のそばにある巨樹サクラです。根本には多くの板碑。

IMG_5272

その3 岩滝町・板列神社脇のサクラ公園の花もいいですよ。

IMG_5250

花に囲まれている巨大な石碑

IMG_5242

真名井純一翁の顕彰碑と読めます。

チェックすると郷土の製糸業の発展に尽くした方で、その功績については、

『幕末-明治時代の製糸業者。1826-1902
文政9年生まれ。生家は丹後(京都府)岩滝村で縮緬(ちりめん)をあきない,廻船問屋をかねた山家屋。製糸・養蚕の改良につとめた。明治3年阿波(あわ)徳島にまねかれて蚕糸改良を指導し,晩年は京都府技師となる。明治35年7月16日死去。77歳。本姓は小室。前名は利七,国蔵。

真名井純一[本姓小室利七]は文政12年(1829)岩滝村に生まれた。生家の小室家は山家屋と称し、代々廻漕問屋、生糸縮緬の販売を業 とした小室一族の宗家であった。先代利七の時代の山家屋は持船三十八艘で、縮緬の原料生糸を買収して機業に貸与、織上がった縮緬を京都に送り三井、下村等 に売却するを兼業としており、丹後における山家屋の機屋は数百軒にのぼり、そのために文政5年(1822)の大一揆において襲撃、打ち壊された経過をもつ 地方の豪商であった。 家を継いだ彼も縮緬の原料である生糸商いのため日本海で活躍していたが、万延元年(1860)米沢で製糸について学び、私費で製糸伝導所を開くなど丹後 地方での養蚕の奨励、良質生糸の製造に努め、明治9年(1876)、宮津の銀細工屋兼大工の中本藤右衛門の協力を得て、奥州座繰器(胴繰座繰)、上州座繰 器(角枠手引・丑首座繰)に改良を加えた新しい座繰器械を発明した。これが真名井座繰器と呼ばれるもので、多条繰糸機が実用化されるまで、広く蚕糸絹業界で活用された。この真名井座繰器は、上州座繰と あまり変わらないが、主な改良点は、①機械の運転を右手廻しにした②回転を円滑にするため歯数を増やし、歯形をインボリュート曲線とした③ケンネル撚を別 装置とした④浮繰りとしたなどで、性能が良く漸次他の器械を圧倒、使用は全国に及び我が国の製糸業発展に大きな足跡を残すことになった。
なお、真名井とは古来より丹後に縁の深い呼称で「たなばた天女」で知られる名峰磯砂山の別名でもあり、比沼麻奈為神社(峰山町久次)、豊受大神が降臨し た真名井原(現府中地区)や真名井神社(宮津市中野)など、農耕、機織り、醸造等の伝説的産業神と深く結び付いている。 さて、小室利七は若い頃私財を投じて現在の与謝の海病院南側付近を埋立て、真名井新田を完成させている。後年、それにちなんで「真名井純一」と名乗ったと伝えられているが、丹後の産業神としての由縁を知った上のことであったろう。

(京都府織物・機械金属振興センターの資料)』
~板列公園に偉人の業績 | ガチャマンおやじの忙しい日々gachaman.web-cat.netから~

IMG_5246

日本の近代の文明開化と富国強兵を、丹後丹波は製紙で支えたのです。京都府織物・機械金属振興センターはその先頭に立たれたリーダーだった偉業を伝えています。建立は大正九年と書いてあります、園内のサクラは見たところソメイヨシノです、その時植樹された物とおもいますから、100年を越す長寿サクラです。ただ碑文は文語漢文です、今の人が読むには無理があります。その側に説明の看板をつけて頂けるとありがたいかなと思います。

「眠れる森の美女」といったらいいのでしょうか!

IMG_4952

ヤブに埋もれていた銘木を蘇らせたのは、オリーブ園再開発事業。一帯の植栽数800本。

その整備に伴って、この桜の周りもきれいにされたということです。

まさに「玉も磨かずんば、、」の例え通りに咲き誇っています。

IMG_4960.jpgサクラ

ともかく場所がいい、籠神社、真名井神社近く、古代から中世にかけての丹後の中心地だったところです。そこに蘇ったこの枝垂れ桜、現代の「木花咲耶姫」のご降臨と言った風情を感じさせる桜です。

花の瀑布のようなたたずまいに対して、花の株立ちには猛々しさも感じます。

IMG_4945

主幹が2㍍に満たないため、現在の処は巨樹にはなりませんが、近い将来の巨樹候補です。

宮津市府中運動公園付近、山手に生育しています。

IMG_4948

月は、宮津湾越しに登ってきます。なので、、、、

IMG_5115

平山郁夫さんの「万葉月華図」のようなチャンスも訪れるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

山桜背に蒼穹を負ひにけり  篠崎圭介

IMG_3510

(↑ 大宮町三坂付近)

「蒼穹」の意味と使い方をチェックすると『「蒼」は「深い青色」ですが、「穹」には「ドーム型・アーチ状・弓形」といった「円を描くような形状」を表す意味もありました。広々とした空だと感じられる場所で天を眺めてみた時や、水平線よりも少し上の位置から空と海を見た時に、空が円を描いているように見えることがあります。また、「青が濃くて深く感じる」空もあります。漢字の意味からすると「青い空」=「蒼穹」というよりは、「円を描いて見える空」や「深みを感じる青色をした空」を表す時に「蒼穹」の言葉を使うことが最も適切な使い方だと言えます。』。

峠のような高みにある木を下から見ると、「蒼穹」を背に負う、このように見えるのでしょう。

さて、サクラの時を迎えた丹後路のサクラは、まず枝垂れ桜と山桜全線から。

まずは、 真名井神社前の天橋立ユースホステルの枝垂れサクラが、ほぼ満開。

退りては仰ぎてしだれざくらかな       高橋さえ子

IMG_3771

歳月の重さを桜しだれたる               遠山風

IMG_3781

咲き満ちてしだれ桜の寡黙かな           武井玲子

IMG_3755

(↑ 三枚 天橋立ユースホステルの枝垂れサクラ 真名井神社前)

花守の屋根までしだれ桜咲く             中島正夫

IMG_3700

鐘の音を含みて櫻しだれをり            荒幡美津恵

IMG_3693

(↑二枚 妙立寺の枝垂れ桜)

悠久の時がしだれてゐる桜           松本圭司

IMG_3786

(↑ 江尻の枝垂れサクラ 背後の山は由良ヶ岳   真名井神社参道の近くにあります。サクラを中心に一帯がオリーブ園として整備される予定です。)

日置・妙圓寺はさながら山桜寺。

みづからの歳月を経し山桜   津田清子

IMG_3789

人間に鴬啼や山ざくら   蕪村遺稿 春

IMG_3813

(↑二枚 日置 妙圓寺)

山桜見て居ればつく渡舟かな  波多野晋平

IMG_3857

(↑ 伊根湾)

好きな木を一つ挙げれば山櫻    高澤良一

IMG_3812
伊根・海蔵寺の江戸彼岸サクラは、胸高周径405cmの巨樹。

IMG_3839

つぼみ膨らむ状態、

IMG_3836

「いましばらくお待ちください。」

IMG_3835

と案内板。

「皆々様がたは、つつがなく、健やかにお過ごしでござりましたかな!」と里に下りてこられた山の神様。

IMG_2478

(↑ 西国三つ葉ツツジ)

おかげさまで家族一同、、と感謝申し上げるのか゛ほんらいなのです。しかし、今年の春のお答えは、

「それがまあさっぱり、つつがありありダニおりおりで、春が来るのをたのしみにしとる矢先のことでさあよわっとるですわなぁ!」

IMG_3173

(↑ ワサビの花 芳香成分には殺菌作用をもつと言われます)

「それはいけません、そんなことでしたか、わたしがワサビやクロモジや、タムシバや、おとぎなどを差し向けて、コロナウィルスとやらを封じ込めてさしあげましょう、今しばらくご辛抱くだされ」に言い聞かせてやりましょうなんとか収めてやってください。」

IMG_2745

(↑ 籠神社祭礼 4月23,24日)

春の祭りが近づいておりますが、神様がそんにきばっとくれるなら、『自粛』なんていうとれんですぞ。

さて、人の歴史はこのような流行病との闘いの歴史。

IMG_2439

明智玉さんにもそれに関わるエピソード。玉さんが、隠棲中、里に流行病が広がったおり、歌が詠め字の書ける教養人の玉さんに歌を詠んでもらえんかと頼んだところ、こころよく書いておくれた、

♪いかでかは 御裳濯川の 流れくむ 人にたたらむ 疫れいの神 ♪

それを戸口に貼り出したところ、治まったもんで不思議な力をもった人だと言い伝えたということです。

しかし、ふつうのレベルの頭では消化不能です。

この歌の意味と解説については

『この歌の類歌として嵯峨天皇の御製があり、ガラシャはそれを借りたのかもしれません。「御裳濯川」は伊勢神宮内宮の境内を流れている川で、「御裳濯川の流れ」とは天照大神の子孫、皇孫を指す言葉であり、味土野とは直接の関係がないからです。「疫れいの神はどうして御裳濯川の流れを汲んでいる人にたたることがありましょうか、いやありません」といったような意味です』

関ヶ原の残党、石田世一(久富利行)の文学館


石田三成の実像141 「細川ガラシャ忠興と三成」9 ガラシャ夫人が幽閉されていた時期

を参考になさってください。

なんだか意味不明、しかしこの謎のエピソードのには興味深い中味を含んでいるかもしれません。

ちなみに、御裳濯川は五十鈴川のこと。

五十鈴川の画像

(↑ 五十鈴川 ネット画像)

うぃきぺでぃあは、「伊勢市南部に源を発し北流。伊勢市街を流れ、伊勢湾に注ぐ。倭姫命が御裳のすその汚れを濯いだという伝説があり、御裳濯川(みもすそがわ)の異名を持つ[1]。古くから清流とされ、和歌にも多く歌われた。神路山を源流とし、支流島路川と合流、皇大神宮(伊勢神宮内宮)の西端を流れており、御手洗場(みたらしば)が作られている。この御手洗場では、かつては手洗いだけではなく、口濯ぎまで行われた。現在でも伊勢神宮の公式ウェブサイトで「神聖な川、清浄な川として知られる五十鈴川の水で心身ともに清めてから参宮しましょう」「天気のいい日は五十鈴川「御手洗場」で、口と手を清めることをお勧めします[2]」と記載され、推奨されている。 」と、ご聖水の流れる川と紹介しています。

水戸というぐらいでその地を流れるのは野間川野源流の味土野川なのです。本来なら、「味土野川の流れくむ」にしなくちゃならないところです。それをなぜ「御裳濯川」としたのか?味土野衆が、伊勢の神につながる皇孫、と自らの出自を語ってらっしゃったかもしれないのです。その当時、村ぐるみ一族ぐるみの広域移動は日常茶飯。事実、近辺の下世屋の城主前野一族は、尾張からやってきた、一色氏もそっちから。なので丹後弁と名古屋弁は似ているといいます。忠興も、尾張岐阜伊勢のつながりで味土野衆と光秀とはつながっていることを知った上で、味土野を選んだという線が浮上するからです。味土野には、木下姓を名乗る家もありました。羽柴秀吉も、元は木下藤吉郎。同姓なのです!味土野衆の木下さんと羽柴の木下は、同郷の流れをくむものであった可能性がある、仮説は大胆なほどいいのです、なにか匂いませんか?

加えて、光秀は、本草学つまり漢方の医者をしていたとも伝わります。

本能寺サミットでも話題として取り上げられていました。

IMG_2971

信長に登用される以前、光秀は朝倉家の医者を務めていた可能性がある!

IMG_2967

その証拠を、学芸員の石川さんが、針薬方という古文書に見つけたというのです。

IMG_2958

娘の玉も父から多くのことを教わり、味土野の危機に際し、適切な指示や薬草も紹介したのではないでしょうか。

もちろん、励ましも大事です。

味土野衆の方々、あなた方は伊勢の御裳濯川のほとりからやってきたのです、「疫れいの神はどうして御裳濯川の流れを汲んでいる味土野の皆さんにたたることがありましょうか、いやありません」元気をだしてしっかりなおしましょう。

そう呼びかけられた村人たちの心は想像できます、

たまさんの歌は疫病神を退散させたのです、

IMG_1949

(↑ クロモジ くろもじエキスがウイルス対策に効果があるとする宣伝もあります。)

どうですか、お玉さん!

 

※ 光秀医者説は以下のサイトでも紹介されていますよ

明智光秀を知将に育てたのは福井県だった!~光秀が再起を誓っ …

www.kk-bestsellers.com/articles2020年1月14日-そこから分かったのは、光秀朝倉家の秘薬を知っていたということです。それは光秀朝倉家の直接的な接点を裏付けています」. 学芸員の石川美咲さんが説明してくださった。館内には『湯液本草(とうえきほんぞう)』という医学書が焼け残っ …

 

N旅行様へ

『海の京都・エコツアーガイドの初夢! 』(1月2日 アップ)の見果てぬ夢の続き!の続き!!

平安時代の書、「梁塵秘抄」が、当時知られた修験の霊地として挙げているのが、
『四方の霊験所は、いつのはしりゐ しなののとかくし するかのふじのやま はわきのおおやま 丹後のないあひとかや とさのむろふと さぬきのしとの道場とこそきけ』の7カ所。

IMG_2616

「丹後のないあひ」というのが、成相寺のこと。西国33ヶ所巡礼の28番目の札所として信仰を集めたこの寺は、山田断層の活動による隆起で作られた急な断層崖の山麓、標高約350mにあります。

800px-Nariaiji_Sankei_Mandala[1]

現代の参詣者は当然ながら、バスやケーブル利用で登り、そして下ります。

しかし、その崖に削るようにつけられた道を「行」として登った昔の参詣スタイルにも魅力があります。

両方を楽しむ方法はないだろうか、、、ありますよ、二倍楽しむ方法が!

成相寺まで登山道で直行→車を駐車場に→参詣→ウオーク(五重塔経由山門→登山バス専用道経由笠松展望台→石段大谷寺道 → ケーブル府中駅→藤織り土産店→つるや食堂→籠神社

→ケーブル府中駅)→ケーブルカー利用し笠松公園→登山バス利用で成相寺へ。

成相寺探訪が二倍楽しめる、これのおもしろさをおしえていただいたのはオーストラリアからいらしたお客から。

IMG_2538

要するに、自家用車で350mまで登っておいて、そこからウオークで、麓まで下りて、それからケーブルと登山バスで登って、自分の車にもどるという方法です。東京タワーに例えれば、高速エレベーターで第一展望台へ一気に上がって、そこから第二展望台へおりて、そのあと外についている階段を歩いて下りるようなものです。成相寺から籠神社まで距離2キロ弱。重力に身を任せて下るのですから楽勝です。

参考までにその様子と所要時間です。

五重塔 付近 スタート 0分

IMG_2610

1 龍神のタブ 限界標高に生育する胸高周径665cmの巨樹です、

IMG_2447

2 山門付近 7分

IMG_2596

3 登山バス道からの展望  17分

IMG_2472

4 バス登山道の様子

IMG_2464

5 股のぞき発祥の地 笠松公園 28分

256_9986

脳が勘狂うという景色です

IMG_2572

6 石の階段の道に入ります 標高差約150mの石段は、山形の立石寺のようですよ。

IMG_2482

7 登って来られた方に出会いました。一段一段見つめてらっしゃるのは足下!、、、

IMG_2505

8 シイやカシなどの緑豊かで潮風を一杯吸えば気分はリフレッシュ

IMG_2509

9 麓におりてきました!  47分

IMG_2525

10  一服していきましょう つるや食堂さんで!

IMG_2545

戻りは、ケーブルと登山バスを乗り継いで成相寺へ。片道料金と言ってください。

1400円程度です。

IMG_2549

必ずケーブルカーですよ、

IMG_2539

だまされたと思って、~まあ成相寺を知り尽くしたガイドの言うことです、~試してみてください!

ご案内も出来ます、お問い合わせは、丹後半島エコミュージアムサービスまで

問い合わせ先 09031624499 (オーガニックライフクラブ 川内)

海の京都・エコツアーガイドの初夢! 』(1月2日 アップ)の見果てぬ夢の続き!

京都で開催される研究学会に集う皆さんに、海の京都の自然と歴史と景観を楽しんでもらいたい、ついては、軽登山を含むウオーク、トレッキングのレクレーション紀行の出来るプランを紹介してほしい、というの問い合わせを頂きました。

6-1 ぶながま

それを受けた森の知恵者、ブナガマは考えました。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

「①天橋立成相山 ②舟屋奥伊根蝙蝠岳 ③上世屋高山 ④上宮津杉山」がまず考えられるだろう、①②は海の京都の名所、伝承があり、国際的なシンボルエリア。

IMG_0398-500x333[1]

③④の世界のローカルな味には定評がある、

IMG_8307

どのタイプかは好みだ。しかし、50人規模で、全国から、、年齢の幅、男女構成は不明!ということなら、無難なのは「◆天橋立成相山 もしくは◆舟屋奥伊根」この二つだろう。

どちらも「海の京都」の顔。甲乙つけ難し!

◆「天橋立籠神社成相山成相寺・国宝雪舟天橋立絵図」コース

IMG_4203

(↑ 宮津 成相山 天橋立大観望)

京都→(バス)→①智恩寺→(自転車・橋立松並木)→②籠神社→(ハイキング雪舟橋立絵図コース 絵図の解説 鈴屋 森さん)→③成相寺→(バス)→④大観望展望台→(バス)→⑤丹後ふるさとミュージアム→お土産・ヤマイチ 橋立ワイナリー等 →(バス)→京都

item01g[1]

◆「舟屋奥伊根・浦島太郎、除服伝承」コース

IMG_1269

(↑ 舟屋の里 伊根湾内)

京都→(バス)→①丹後ふるさとミュージアム→→(バス)→②浦島神社 玉手箱を宮司さんに話してもらう→(バス)→③本庄 浦島の浜→(ハイキング・ウオーク→野室→泊→)

IMG_4786

(↑ 新井岬)

④新井・除服神社→(バス)→⑤伊根舟屋の里、向井酒造など→(バス)→京都

IMG_0102.jpg北風

(↑ 撮影;山田眞一さん 蝙蝠岳から伊根湾 与謝の海を見る)

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
こんなアイデアをくれました。

そういう提案をしてみたところ、、
◆「天橋立籠神社成相山成相寺・国宝雪舟天橋立絵図」日帰りツアー

こちらに関心を持っていただきました。30名規模の見込みで進めていってくれというオーダー。

現状、妥当な選択をいただいたと考えます。

IMG_0809

(↑ 天橋立の渚)

このコースで可能な限りバラエティーに富んだ内容を組んでみます。

【あらためてお題の確認】
① 日程 7月中旬
② 人数 30人程度
③ 発着  京都駅付近 ホテル
④ 日帰り(泊無し)ホテル発 8;30 同帰着 17;00
⑤ 参加者 年齢 40代 男女混成 体力普通
⑥ 内容 海の京都の自然と歴史と景観が楽しめる軽登山を含むウオーク、トレッキングを含むレクレーション紀行
⑦ 目的 ある学会のため全国から参集された方々の親睦と慰労とリフレッシュ
無理が無く疲れが残らないことに配慮されたい

IMG_0828

(↑ 橋立明神付近)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

上記のお題を踏まえて、さて、

夏期  7月中旬  という暑さが予想されます。本来ならこういうところがいいのです。

IMG_2723.jpg夏

(↑ 味土野ガラシャ大滝)
コロナなどの今般の状況を考えれば、最大に優先させるのは健康管理、 風、日陰、涼しさなどだと考えます。従って、例えば、軽登山を含むウオークについては、疲労、消耗の予想されることは極力避けて頂いて、「低いところから高いところへ登る」のでなく、逆に「高いところから低いところへ下る」と言う形で考えることにしたいと思います。智恩寺から一宮・籠神社までも、松並木をウオークするのは避けたいところ。松並木を自転車で走り抜ける方法と阿蘇海を観光船で渡る方法との二つの移動方法がありますから、そちらを使う。発着地がほぼ同じなので、体力、希望に応じて選択してもらうことが出来ます。
【コース具体案】
京都(8;30発)→(バス)→
①智恩寺 駐車場着(10;30) トータルコーディネータ合流
境内散策 (① 雪舟絵図地蔵 ②稲富一夢齋 墓③文樹)
→対岸へ移動 11;00発
※選択 ア(自転車・橋立松並木 20分)
イ(観光船で一宮 12分) →

IMG_1410
②籠神社 参拝 経由
③昼食(つるや食堂)11;45着 →籠神社駐車場 →バス 12;30発

kensaki_tsuruya1-350x350[1]
④成相山大観望12;50着  13;05発→バス
⑤成相寺 13;15着  参詣

IMG_2216

→(成相参詣古道・下りウオーク 股覗き発祥の景観経由)

downsize_200k_v1[1]

→笠松公園→(リフト利用)→

17359645_x[1]

一の宮駅 14;30 →バス 14;35
⑥海鮮お土産店・やまいち 見送り15;00 トータルコーディネータ下車

バス→京都着17;00

■ 阿蘇海観光船11:00 ※所用12分 30分間隔      運賃600円
■ レンタサイクル 2時間400円
■ つるや食堂   0772-27-0114
天橋立観光協会www.amanohashidate.jp/food/turuyasyokudou/
※観光バスの動き

①智恩寺駐車場で下ろしたあと、籠神社駐車場に移動して待機。
②昼食後の一行を乗せて橋立大観望へ移動、その次に成相寺まで移動。ここで一行は下車。ケーブル一宮駅近くの駐車場で待機。一行を乗せて、お土産処やまいちへ移動。

※担当 ■トータルコーディネータとして 全行程に同行させていただきます
(2人)日当 一人 10000円

以上起案 丹後半島エコミュージアムサービスでした

楽しい旅をして頂くことを願っています。

180_8036

、、、、、ここで目が覚めました。

加悦町江山文庫でひらかれている企画展が、すてきですよ。

IMG_1780

字は「書く」もの、「打つ」ものと思っている私たちには、不思議な感じになることうけあいます。

IMG_1759

取り上げられている短歌や俳句は、それ自体厳選された作品で味わい深いのです。たとえば、

「たのしみは朝おきいでて 昨日まで無かりし花の咲ける見る時」橘曙覧の名歌です。

植田さんの手を経ると、色が見え、香りや音が蘇ってくるようなのです、言葉に籠もる魂を引き出していらっしゃると言うのでしょうか、字で「描いて」いらっしゃるといえばいいのでしょうか。

展覧会のタイトルは水茎春秋。「水茎」は知る人ぞ知るといった言葉。「みずくき」と読んで、筆、毛筆をさします。

□水茎(みずくき)の、岡の葛葉(くずは)を、吹きかへし、面(おも)知る子らが、見えぬころかも

〔語源〕「水茎」は、(1)「瑞茎(みずみずしい茎)」の意で、筆のたとえという。また、(2)古く手紙は梓(あずさ)の枝に玉をつけたものを持たせてやったことから、その使いを玉梓(たまずさ)の使いというが、その梓を「みずみずしい茎」としたことから手紙のことをいい、転じて、筆跡、また、筆の意になったものという。

□意味と用例(1)筆の跡。筆跡。「書道展で見た、かな文字の水茎の跡には、ただただうっとりといたしました」 (2)文字。また、手紙。「今は亡き祖母の水茎の跡を時折眺めては、優しかった人柄をしのんでおります」

この展覧会のほかの展示もおもしろいですよ。

IMG_1775

江山文庫、

img176

小さいけれど濃い中身の文学館です。ぜひ訪れてみてください。

 

 

 

 

 

 

« Older entries