宮津エコツアー · 世屋・高山ガイド部会

世屋・高山ガイド部会

世屋・高山ガイド部会の活動ブログ

三裂した葉、「鷹の爪」です。

IMG_4756

丹後はこれから冬入り!

さて、そんなところに、某観光協会から連絡。

スノーシューの問い合わせかとおもったら、

要件は、松尾一本サクラの問い合わせ。

業界は もう春のプラン作りです

写真をみつくろって数枚送りました。

この歳の満開は4月15日。

IMG_1672さくら

こっちのは、ずいぶん遅くて4月23日

IMG_5581

ライトアップしたらこんなになりますよ!

IMG_2868

撮影する時間は、斜光が西から当たるときがいいようですよ、ともう一枚。

IMG_2244さくら

四ヶ月も先きのことなのですが、明日にも春の嵐が吹くような気がしたのも不思議なこと。

IMG_0626

その四ヶ月、

IMG_0867

あっという間にくるのかもしれません。

 

♪出て来い出て来い池の鯉、、♪

IMG_4088

この唱歌は、こう続きます

♪  底の松藻のしげった中で、 手のなる音を聞いたら来い、 聞いたら来い♪

IMG_5264

子どもたちも寄る事の出来る緋鯉真鯉を飼う池、といえば、かってはどの里にもあったお寺の池。そんな池がめっきり少なくなるなかで、ゆったりと泳ぐ鯉を見ることが出来る、日置・妙円寺の八景園は貴重です。

IMG_5271

ここの池に映る紅葉を見ると、一年の疲れがなんとなくほぐれていく感じがします。

IMG_5185

お寺の訪れるのは、朝の10時頃がお奨め。

IMG_5277

日置、と言うくらいで、お寺は南東向き。ちょうど良い角度で日が差すのが、その時間です。

IMG_5172

ということで、妙円寺の「いましか・ここしか・あなたしか」は、八景園庭園の池に映える紅葉、そしてそれは年の瀬12月、快晴の朝の10時頃!ということです。

昨日は高原に雪、

IMG_4995

今日は由良川筋に雲津波、

IMG_5224

固体になったり、気体になったり、液体になったりするというものの、その変化が楽しめるのは、わが地球だけ、といいます。

「水分子は宇宙に分散して存在しているが、液体として存在できるのは温度が0℃から100℃の間にある狭い範囲に限られる。宇宙の平均気温は3Kつまり-270℃であるため、宇宙空間では、水は液体では存在しえない。一方、地球の平均気温は15℃前後に保たれている。寒いときには-30℃から-40℃になるし、高い時には50℃から60℃になるが、それでも宇宙的な視野からすると非常に狭い範囲の温度に保たれている。」

寒いのはいや、といっても、じゃあ秋に、夏にもどれるかといったらそれは不可能。

IMG_5042

初雪に、春へ指おる 世屋の里

IMG_5242

初雪は春へのカウントダウンのメッセージ!

零度以下になることの多い冬も、その水を、氷として楽しめる時期だと考えればしのげるかも!

 

 

 

 

 

 

 

雪が似合うのが丹後、

そのなかでもよくなじむのが゛五十河の里。

その初雪模様。

その① ごおら田圃ふきん

IMG_4733

IMG_4732

秋と冬のはだらな重なり合いが味わい深くて魅力的です。

IMG_4739

その② 五十河の笹葺き民家ふきん

IMG_4723

人と暮らしと自然と季節、、、四拍子揃っている五十河のさとならではの初冬の景色がすてきです。

IMG_4743

その他にも今しかここしかのもの。

五十河・籾殻岳の冠雪!

IMG_4781

水揚げされたマツバガニのようなハゼの葉の落ち葉、

IMG_4780

五十河・上世屋を結ぶ縦貫林道成相線、春まで冬季休業にはいったようです。

IMG_4776

、、、、、、、、

ところで、季節に関しておもしろかったのは京丹後市の広報12月号の編集後記「つぶやき」。師走号ですから、「朝晩は特に寒く、秋を通り越して、冬を感じます。」で始まるんですけれど、「わたし自身この4月に京丹後市民となったので、特別な一年だったなと感じています。」とおっしゃって、この丹後暮らしで「周りの景色も、いつの間にか生い茂る緑から鮮やかな赤や黄色に変わり、季節の移り変わりの早さに驚くと同時に、目で季節を感じられる日本の良さを再認識しました。」と。里山丹後から発信できることは多いいということを感じていただいたことがうれしいですね、いっそうの活躍を期待します。

 

 

神々の あやとりの糸 冬の虹       佐々木群

IMG_4572

(↑ 加悦谷に立つ虹)

神々のあやとり、、、ですか、言い得て妙ですねぇ!!

IMG_4569

(↑ 加悦古墳公園)

虹を出を待つスクリーンもいいものです、

◆ 湯の町へ 向ふ列車や 冬の虹   青木政江

IMG_4639

冬の虹 信号待ちに 生れたる        松本恭昂

IMG_4657

虹はええねぇ!

いつ見ても どこで見ても。

IMG_4649

◆ 鈍色の海せりのぼる冬の虹      河崎尚子

◆橋立の空や溶けゆく冬の虹       柴野静
◆ためいきのやうな余呉湖や冬の虹  有本悪美子

、、、、、、

こんな虹にも出会いたいものです。

 

 

 

 

丹後の水源林 野間駒倉谷のケヤキの巨樹。

IMG_0792

「時知らず 此処に生いたち 枝張れる 老木、、、、」といった風情です。

この歌、

時知らず 此処に生いたち 枝張れる 老木見れば なつかしきかも

山渓の70周年特集・巨樹に聞け に採用されている歌です。

IMG_4581

歌人は、旅の歌人 若山牧水さん。

彼の紀行文「みなかみ紀行」にあります。

「なつかしき」にこめた意味が様々に解釈されておもしろいです。この老木とは「樹齢800年をこえるタチヤナギ」どこらにあったものかというと「上野の国より下野の国へ越えむとて片品川の水源林を過ぐ。」ということです、

その片品川!板東太郎・利根川の支流で、

「群馬県と栃木県福島県の境界に位置する黒岩山に源を発し、片品村を概ね南西方向に流れ、沼田市新町で利根川に合流する。全長60.8km。本流沿いの会津沼田街道会津に通じ、尾瀬への通路をなす。支流の小川筋は金精峠を経て日光に通じ、菅沼丸沼大尻沼がある。中流部には吹割渓谷(片品渓谷)および吹割の滝(国の天然記念物および名勝)、老神温泉薗原ダム(薗原湖)などがあり、下流部は赤城山北麓と沼田盆地の間を西流し、河岸段丘が発達する。」

という川。

このみなかみ紀行、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で読めますよ。

、、、、、、、、、、、、、

群馬県片品村 白根魚苑             利根郡片品村東小川4653

26日生方と別れた牧水は、丸沼の鱒養殖の番小屋に泊めてもらうため東小川村の千明家を訪れ、その日は白根温泉に泊まる。そして翌日、丸沼へと向かうのであるが、歌はその途中でのもの。白根魚苑は千明家が経営し、ニジマスなど100万尾の魚を養殖等している「奥日光のファミリーランド」というのが現在に謳い文句であるようだが、そこの樹齢800年をこえるタチヤナギの下に歌碑がある。文字は牧水の種々の筆蹟から集めたという。

『山桜の歌』には、「上野の国より下野の国へ越えむとて片品川の水源林を過ぐ。」として10首。

下草の笹のしげみの光りゐてならび寒けき冬木立かも

聳ゆるは樅栂の木の古りはてし黒木の山ぞ墨色にみゆ

等の歌と共にあるといいます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

正面に淺間山が方六里に渡るといふ裾野を前にその全體を露はして聳えてゐる。聳ゆるといふよりいかにもおつとりと双方に大きな尾を引いて靜かに鎭座してゐるのである。朝あがりのさやかな空を背景に、その頂上からは純白な煙が微かに立つてやがて湯氣の樣に消えてゐる。空といひ煙といひ、山といひ野原といひ、すべてが濡れた樣に靜かで鮮かであつた。濕つたつちをぴたぴたと踏みながら我等二人は、いま漸く旅の第一歩を踏み出す心躍りを感じたのである。地圖を見ると丁度その地點が一二〇八米突メートルの高さだと記してあつた。
とり/″\に紅葉した雜木林の山を一里半ほども降つて來ると急に嶮しい坂に出會つた。見下す坂下には大きな谷が流れ、その對岸に同じ樣に切り立つた崖の中ほどには家の數十戸か二十戸か一握りにしたほどの村が見えてゐた。九十九折つづらをりになつたその急坂を小走りに走り降ると、坂の根にも同じ樣な村があり、普通の百姓家と違はない小學校なども建つてゐた。對岸の村は生須村、學校のある方は小雨こさめ村と云ふのであつた。

九十九折つづらをりけはしき坂を降り來れば橋ありてかかる峽の深みに
おもはぬに村ありて名のやさしかる小雨こさめの里といふにぞありける
蠶飼こがひせし家にかあらむを壁を拔きて學校となしつ物教へをり
學校にもの讀める聲のなつかしさ身にしみとほる山里過ぎて
夜、宿屋で歌會が開かれた。二三日前の夜訪ねて來た人たちを中心とした土地の文藝愛好家達で、歌會とは云つても專門に歌を作るといふ人々ではなかつた。みな相當の年輩の人たちで、私は彼等から土地の話を面白く聞く事が出來た。そして思はず酒をも過して閉會したのは午前一時であつた。法師で會つたK―君も夜更けて其處からやつて來た。この人たちは九里や十里の山路を歩くのを、ホンの隣家に行く氣でゐるらしい。
枯木なす冬木の林ゆきゆきて行きあへる紅葉にこころ躍らす
もみぢ葉のいま照り匂ふ秋山の澄みぬるすがた寂しとぞ見し
、、、、、、、、、、、、、、、
この、タチヤナギの老木、お出会いしたいものです、健在なら、樹齢900才。
また、この旅を記念して牧水さんの歌碑苑が作られていると言うこと、五感でとらえて心でこなして、印象にびったりと当てはまる言葉への置き換えを模索する言葉の力、これはすっごいですから、納得です!

IMG_3935

片品川の水源、そのスケールこそかなわないといやあかないませんが、丹後の水源林の漂わせる秘境感もなかなかのもの、その谷に生育する巨樹探し、行きませんか!

日本一モミジが美しいバス停!

IMG_4476

しかし、これは序章、

ここから出るんですよ、 丹後縦貫林道モミジ探勝バスは!

IMG_4020

行き先は、モミジが決める!IMG_2910

イタヤカエデは、黄金色

IMG_2915

赤いカーペットは歩けないけれど、もっと贅沢なウリハダカエデの毛氈ロード

IMG_4009

山の神すこし召されたか赤ワイン

IMG_4336

あっち見、こっち見している内に、やってきたのは味土野の里、

IMG_2813

ガラシャさんが招いてくださったのかもしれません。

IMG_2790

(↑味土野ガラシャ大滝の下半分)

♪今日来ずは~見ではやままし~山里の~紅葉も人も常ならぬ世に~♪(藤原公任)

いきさきは運転手任せ

丹後半島縦横無尽に紅葉狩り

IMG_4440

、、、、、、、、、、、、

あれ、夢をみていたのかしら、、、!

IMG_4474

 

一年のおおとりはやはり、わたし!と言わんばかりのイチョウモミジ。

IMG_4352

海の京都のイチョウビック3が生育しているのが、奥伊根。

まずは伊根、寺領観音堂の大銀杏。

IMG_4340

胸高周径1324cm(株)は圧巻。

畑谷地区三十番神社のイチョウもすごい。

IMG_4325

単幹で567cmの幹周りは迫力満点。

IMG_4327

井室振宗寺のイチョウも負けてはいません。

IMG_4309

周径は438cm、大地から黄色いマグマが噴出しているかのようです。

IMG_4320

石段やお地蔵さんとの味のあるロケーションは一番です。

奥伊根の三大イチョウ。これを見ずして、海の京都のイチョウは語れない!

まだ楽しめますよ!

 

 

 

文殊智恩寺境内のお石塔たち。

IMG_3578

この法きょう印塔は初代宮津藩主京極高知が建てたとされます、

慶長一六年二月の日付があるとのこと。

では、誰のために?!

IMG_3580

基壇石の文字は消えている。しかしうっすらながら読みとれる二つの文字、「一夢」。

IMG_3581

その 一夢の、前には「稲富」、あとには「直家」とあったといいます、つまり、「稲富一夢直家」。

藩主高知をして、供養せしめた「稲富一夢直家」とは、どんな功績を残した人物なのか、

IMG_3577

教育委員会の解説はあるけれども、なにもつたえていない解説といわざるを得ない!

おりから、町にはガラシャ旗!

IMG_3574
この、「稲富一夢直家」深く、ガラシャと関わっている人物です。

 中村彰彦『ガラシャを棄てて』(徳間文庫・『敵は微塵弾正』収録)

とあるように、玉造の細川屋敷の警護団にありながら生き残ったため、世評では「裏切った」「逃亡した」とされるのが、この供養塔の横に墓石の立つ稲富直家なのです。

「稲富流砲術の創始者である稲富伊賀守直家について、松本清張さんが書いた「火の縄」を読みました。稲富直家(この本では稲富治介という名前)以外にも、その主である細川忠興とその妻である玉(ガラシャ)も主人公といえます。時代的には、細川忠興が織田信長より丹後の地を賜ったところから、稲富治介が細川家を離れて、最後は徳川家康に鉄砲師匠となったあたりまでが描かれています。稲富治介は稲富流砲術の創始者として有名ですが、他に有名なエピソードとしては、関ヶ原の戦いの時期に、細川ガラシャと共に大阪の地におりながら、石田家が細川ガラシャを拘束しようとした際に、逃亡したことがあげられると思います。一説には臆病だから、ということもあるようですが、この本では、主人公の一人である細川忠興や玉(ガラシャ)との良好でない関係というのも一因となったようにしています。」と、言う人もあります。

そういう評判の発信もとは、霜というガラシャの侍女からの聞き取り、いわゆる「霜女覚え書き」。表門の守りを命ぜられた直家が敵兵に囲まれて去っていったところを目撃したと聞いたと彼女はいう。この証言は、事件から45年後のことという。たった一人の証言によって、「有罪」となるのであろうか、

根っからの丹後人、真のガラシャ人なら、そこはおかしいとするでしょう。信憑性はあるのであろうか、見間違い、聞き間違い、勘違い、あるいは誘導、そういうものがなかったのだろうか、と。これは怪しいとしなくてはならないところですよ。

本当か、嘘か、、、真実は高知が知っている。しっているがゆえに、この手厚い供養のではないでしょうか!

そして、そのまかり通る世評の謎を暴いたのが、峰山の郷土史家、伊崎義明氏の想像力。『時代小説 戦国哀史 花なき峰』(昭和52年刊)。

彼は、『夫人もろとも生死の境に直面した彼が、今こそ鉄砲にかけて最後の防戦に出るのが常識』、屋敷の外に出た事を踏まえながら、表には出ない何かがあったとする、たとえば手の込んだ策略にはめられたのかもというのもその一つ。根拠は、争いが起きた様子はなかったという状況。なにか出ざるを得ない話を持ちかけおびき出し引きずり出して、そのうえで、「なおいえがうらぎったぞう」と叫ぶ、それを真に受けた他の家臣がここまでと、屋敷に仕掛けた爆薬に火を付けたことも考えられるではないかと。

IMG_3838

伊崎ワールドでは、彼こそ丹後の麒麟児。

IMG_3582

真実の解明は、裏切ってはいない、ということを確信する気合いから始まります。

この本、宮津図書館にあります、

IMG_3839

ガラシャの最期が変だ!

光秀の裏切り者としての評価が覆った今、「麒麟が来る」の機会を生かすためにもお奨めの一冊です。

IMG_3575

それにしても、『夢』を用いた名、直家自らの案なのか、また、誰かの命なのか、そして、その夢とはなんだったのか、、玉、ガラシャが深く関わっている!というのが、伊崎さん。わたしもそうおもいます。

 

 

 

 

 

まもなく、「宮津藩 文政五年の大一揆」の12月  。

IMG_3550

事の起こりは、宮津藩が領内の7~70歳の男女1人につき1日2文の新税を課す外、農民に対し、先納米1万5000俵と同量の追加上納米を課税するという方針を示したことに対し、農民らがその撤回を求めたこと。

強訴に及んだとして、拘引され詮議を厳しく受けた農民は四十余名。
犠牲者が多数出たはずなのに、そのなかで、石川村奥山の吉田新兵衛死刑(打首)、同為次郎死刑(獄門)、2人にとどまったのは、農民たちの堅い団結だったという。                十数人の追手に囲まれ縛につく際、新兵衛は平然と鍋座に座り飯を食う時間を乞い、妻はその一瞬に強訴の連判帳などを焼き捨てたと伝わる。
「宮津藩 文政一揆」の背景や要因、経過はどのような事だったのか、さまざまに語り継がれているが、60人の庄屋名主、さらに25人の豪商等の富裕層、計85人への攻撃に特徴があるという。農民は<文政5年(1822)12月13日暁方に蜂起、丹後120ヶ村から押し寄せた一揆税は、手に手に松明や鎌、斧、とび口などを持ち、庄屋や豪商宅を次々に打ち壊し、宝物、刀剣、金銀、米等を庭先に積み上げことごとく焼きつくしたという。

IMG_3544
なぜか!

彼らは、新税の徴収に動員され藩と財政上の協力体制を組んでいたのが理由とされる。
では、時の宮津藩主、松平宗発はなぜこのような暴政を行ったのか、数年の作柄は悪くなく、むしろ豊作で、米価も安定していたという。米価が安定していることは領内が平穏であるはず、そのことを領民と共に喜ぶのではなく、暮らし向きの安寧に配慮することなく、1日2文を7~70歳の領民に課す、さらに先納米1万5000俵と同量の追加上納米も課したのだ。
怒りの炎が燃え上がるのは予測出来るはず、また、それに協力したならば、その矛先は自分たちにも向くということを庄屋豪商たちは知らなかったはずはなかろうに、、、。

なぜそうまでして、絞り上げなければならなかったのか。

コピー (1) ~ IMG_3557
「近畿風雲抄」(map46-2.com/koto/kyouto/j_hyakusyouikki.html )は、一揆の背景には藩主・松平宗発 と水野忠邦の出世争いがあるとする。
『◆文政一揆の際、当主松平宗発(宮津藩第5代藩主)は40歳。幕府奏者番(将軍と諸大名との取り次ぎ役)に就いていたが、奏者番の3年後輩に水野忠邦がいた。忠邦は年齢も宗発より10歳ほど若かったが文化14(1817)年に寺社奉行に就任。出世争いにおいて忠邦に抜かれた悔しさが宗発を変身させたとしても不思議ではない。それは、宗発に仕える宮津藩の江戸詰重臣の心痛の種であった。宮津藩は従前から優秀な家臣を江戸に集め人件費や諸費がかさんでいたところ、さらに宗発の上役への接待費等に藩費を費消し、その調達を国元に委ねるという悪循環が藩財政を圧迫するところとなった。宮津藩は新税等の導入に踏み切り、庄屋等を増員し税収の確保に周到な準備を行い、庄屋等には口銭を与えた。それはいわば事務費として処方されたものと思われるが、領民には不健全な役得と映り、一揆の口実となっても不思議はなかった。』

IMG_3556

藩財政の悪化を引き起こした要因は、藩主の出世争いのための浪費としったら、農民でなくとも「それはないだろう」と思うのは当然のこと。

IMG_2388

処刑は文政七年春。

桜咲く さくらの山の桜花 ちる桜あれば 咲く桜あり

民心を忘れ、無思慮に増税を急ぐ理不尽の結果を知らしめるのに一命を賭した新兵衛、為次郎への感謝を込めて、建立した地蔵に寄せられた寄進、75000人。

丹後の民衆は、しんべえ地蔵とよび、慰霊の蓑着せを今も続け一揆を語り継いでいる。

IMG_3558

さて、この巨体に蓑をどうやってお着せするか、そもそも、この像のもとの巨石はどこにあって、どうやってここに運び、どうやって建てたのでありませうか、、、!その謎、解いてみたいとおもいませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

« Older entries