宮津エコツアー · 世屋・高山ガイド部会

世屋・高山ガイド部会

世屋・高山ガイド部会の活動ブログ

丹後鄕土資料館の特別企画です

20230120_202055

雪はたいへんですが、美しいです

20230120_200512

特別企画関連の講座もあります。

20230120_202043

3月11日予定の講演会講師、小野先生から今年もいただきました。 。

20230120_201345

41回目のお仕事の月めくり、その2月。

20230120_200642

3月

20230120_200737

4月

20230120_200815

5月

20230120_200859

6月

20230120_200927

7月

20230120_201027

8月

20230120_201052

9月

 

20230120_201119

10月

20230120_201202

11月

20230120_201235

12月

20230120_201311

、、、、、

プーチンを叱るものはいないのでしょうか

平和、ともかく平和、絶対平和

ロシアに核を使わせるな

20230120_153940

日々念じ、微力をつくして「来年」を無事にむかえたいとおもいます。

京都新聞が掲載してくださいました。

20230111_070019東屋

今は雪かこい中。

20230110_130242

ですが、今冬は少雪で推移していて春は近しと、ふきのとう。

20230110_130229

ともかくよくでる水です!

20230110_130105

地下水のもとは、雨や雪。

20230107_102333

雪、ほどほどにはふって欲しいものです。

雨だ 風だ などと言っちゃあいられません

20221211_114608

山があって海がある

海があって山がある

20221211_121526

海と山の集う祭りは、風も雨も仲間なんです。

20221211_115133

安全でないかもしれない快適でないかもしれない 敢えて、もっと大切なものがあるかもしれない

20221211_120830

熱い想いと焚火と

20221211_123329

焼き餅、豚汁、世屋ダイコンを日置オリーブオイルでいためりゃ高級ステーキ。

20221211_123719

歳をしまう源流の森祭り

20221211_121716

これでもか!と雨。

でも、子供は水の子 風の子

お腹いっぱい元気いっぱい

20221211_123305

春を待つ活力に満ちた温かい集いでした。

 

あれ!

20221216_112220

ミカン、、、1,2,3,4,5,6,7,8,、、、、

20221217_163045

35個も。

大宮町森本の道端です。

よほど差し迫った願いごとがあるのでしょうか。

20221216_112240

 

お孫さんの受験と合格祈願とか、、

20221201_161728

田も山も眠りについた丹後の、冬の祈りの景色、素敵です。

20221216_111719

明日、です!

20221206_104425sinn

 明日から天候は冬型。

20221210_033901

 しかし、あわせて170歳の武徳コンビは動じません。

20221205_153654170斎

 吹雪のなかを歩いてきたのですから。

20221205_145336

お待ちしてますよ、サプライズメニューで!

20221205_145209

この湧水、丹後屈指の水量をほこります

20221208_160922mizu

名前は「世屋里タンポポ」

20221208_154441

この湧水を活かしたい!

20221207_115405

宮津天橋高建築科の皆さんが実習課題として、制作してくださいました

20221208_154129

一年がかりでした

20221207_112253

縁結びは、京都府丹後森作り推進課

20221207_150248

いきかえった水はいのちもよみがえらせます。

20221207_133454

さんしょうもやせやめだかのビオトープにもなります。

 

海に虹の立つころを待つようにして色ずくのが、日置妙円寺モミジ。

20221206_230858

木が大きいのです。

20221206_231247

分厚くつもった落ち葉のうえを歩くぜいたく!

20221206_230940

走りすぎるのはもったいない大あなば。

20221206_231323

 

 

冬ざれの 道に橙き 光浮く

20221130_201906

田 棚なす 与謝の山郷 冬ざれて

20221129_095551

その山郷へ除雪車が、スタンバイするのが日置の里。

20221130_163425

さて、この日置が熱い。

20221130_180034

「顔の見える」というのが最高に素敵!

カニ、

20221126_122656

よろしいナア

モミジ

20221124_151034momiji

これもよろしいなア

でも、ほんとにいいのは これ

20221118_151424だいこん

世屋大根

甘い、柔らかい

20221124_152453sawarasitaram

高原農園だから、寒さのあたり具合が違うんだな、

いまお奨めたべかたは、日置オリーブで焼くこと

20221128_224146

12月11日、アスペン農園で試食できます

ぜひどうぞ

あれ、

20221125_142434

まあ!

20221125_143053

切られたんですね

20221125_143117

エノキです。

ダメじゃん、酸素出してくれているのに。

でも、 切り株から、たくさんの新芽。

20221125_142426

地球のことが心配だから、

芽をだそうよ

戦争をしかけるするような人間たちはどうでもいいのだけれど

可愛い命たちのことが心配だから

芽をだそうよ

20221125_143252

葉の一枚一枚から

枝の一本一本から

翻訳するとそんな声

20221125_142329

伊根と橋立の間の、切られても 切られても 芽を出すエノキの話です。

ついでに、このエノキのお話。

ニレ科エノキ属
別名と外国名 別名:エ/中国名:朴樹
自生地(原産地) 本州、四国、九州、沖縄、中国中部
樹 高 10~20m
開花期と結実期 花:4~5月/実:9~11月
特 性 日照は陽地~中庸/耐潮性は強い/耐暑性は強い/生長はやや早い/移植はやや容易/萌芽力あり/根張りが著しい
植栽域 本州~九州
美 性 ケヤキに似るが、樹高より枝張の方が大きくなる横張り性のある大木に生長し、どっしりとした力強さを感じさせる。。ケヤキの優美さに対し、エノキは重厚さに持ち味。寒冷で空気の澄んだところでは秋の黄葉も深味があって美しく観賞価値が高い。寿命も長い強健種で、大木が各地に見られ、地域のランドマークとなっていることも。
用 途 庭園木、公園樹
管 理 ・枯枝、衰弱木の除去。剪定は8月下旬~10月に行う。

・病害:環紋葉枯病、エノキうどんこ病、エノキ裏うどんこ病、黒粒枝枯病など。
・虫害:アブラムシ類、ニレハムシなど。

類似種と品種 類似種 ケヤキムクノキなど
文 化 ・名の由来は、器具の柄に利用されるから「柄の木」との説などがある。
・一里塚の木として有名。慶長9年(1604)、徳川秀忠が街道整備に際し植えさせたという。
・村境の道祖神などにも植えられた。
・江戸の王子稲荷のエノキには、大晦日に狐が集まり、農民はこの野火によって豊凶を占ったという。
・「縁の木」に通じることから縁切りまたは縁結びの木として知られる。
・国蝶のオオムラサキやゴマダラチョウの食草である。
・ヒヨドリやキジバトなどの野鳥が実を好んで食べる。また、ヤドリギがよく寄生する。
メ モ ・枝が太く折れにくく、水平に近い角度で伸びるため、子供の木登り用に適する。
・樹冠が広がるので緑陰樹にも好適。また、樹形はそろいにくいので規則的な街路樹には不向きだが、不規則性を生かす植栽を考えたい。

 

« Older entries