宮津エコツアー · yasuda

Articles by yasuda

小町さんが見つけた温泉!

DSCF0724
え、そうなの?小町さんが入っている温泉、、(おっさんです)じゃなかったの!
小町さんのように「美しく」なれる温泉、だと思うけど。どれがお好みです、、、。

それにしても、そうとう秘境のようですなぁ

DSCF0731

「秘境?!?」
この道をいくんでしょ?

え!

さて、大宮町にはあちこちに小町さん。いったい何人いらっしゃるのでしょうか。

ここにもいらっしゃいます、「こまちさん」。
DSCF0692

小町さんでしょ。

DSCF0684
知っとんなったか?

DSCF0691

そういやぁそうだなあ。

DSCF0681

この橋、新明橋といいます、明田バイパスの新しい橋なので、ということです。小町の里へ通じる橋ということで、「新明小町橋」、にされたらどうですか。

おやっ!

DSCF0519

なに、S・О・Sとな!

助けに飛び込んだのです

DSCF0520

中には、野菜モノや紙細工。

お年寄りたちの作る畑のものを集めて並べてらっしゃるのですって。

DSCF0522

つまりマルシェ。

弥栄庁舎の向かいです。キャベツやネギなどなんでも格安。

今年は雪国がなかなか去んでくれん冬です。路地物は雪の下。

DSCF0534弥栄山

なので野菜が高い!のでこれはおすすめだと思いましたよ。

DSCF0523

芽が出かけたじゃかいもをみていたら、「ジャガイモにはリンゴを入れておくと芽が出ないのでええんだ」と店番のおばちゃん。「キウイにはリンゴを入れると早く柔らかくなるけど」と声をかけてくれました。一つ賢くなったので、ジャガイモも魅力的でしたが、あんのういも、大きめので二つ二百円のを買いました。

さて、今年は警報が何度も出されたのが特徴で、財布にも体にも辛いところがありますが、一方でいつまでも美しい冬姿が楽しめます。

DSCF0531

金剛童子山の向こうの世屋高原の現在。

DSCF0486

けれども 寒さの峠はもう越えた感じはします。

DSCF0496

松尾の一本桜も、開花へのカウントダウンを始めました。

 

 

野田川鉄橋を渡る京都丹後鉄道「春風一号」!

DSCF0341鉄橋文字

野田川をのぼった鮭の産んだ新たな子の海への旅立ちが始まります。

同じく、「春風二号」中郡平野も快走。

DSCF0330文字

今年、雪の多かったのは、特に丹後の北西エリア。とりあえず、届けるのは春来るの一報。

雪をまとった桂の木。

DSCF0177

同じく、ブナの木。

DSCF0131

暴風雪の中を立っていたのでしょうけれども、みじんもひるんだ様子は感じられない、それどころか、「ちょーきもちえー」とうそぶいている。

DSCF0152

雪原の一軒家も同じ。

その雪姿たちに金メダルをかけてやりたいような気がしました。

とも221

宮津世屋エコツーリズムガイドの会がサポートします。

このプログラムは「森林・山村多面的機能発揮対策交付金」の支援を受けて実施します。スノーシューは準備します。無料です。

「山へ行くことで、学問に必要な『直観力』が鍛えられる」と山極寿一京都大学総長も山体験を推奨。どうぞお気軽にご利用ください。

 

与謝峠陸橋付近から見わたす加悦谷雪原の雪は丹後半島連山から吹き降ろしたかのよう!

DSCF8553加悦雪平野

「丹後半島の付け根に位置する与謝野町。鬼伝説の残る大江山連峰と江笠山に抱かれ、加悦谷平野を南北に流れる野田川は、日本三景の一つである「天橋立」の内海となる阿蘇海の源流。肥沃な扇状地と豊かな水源に恵まれ、古より稲作や織物業が盛んに行われてきた。
一帯には、日本海沿岸地域三大古墳の一つ蛭子山古墳や作山古墳など、大きな古墳が数多く存在し、いくつかの重なった条件から推察すると、丹後王国の強大な権力の中心地だったかもしれない…という。そんなロマンと可能性が秘めている場所だ。
また、古来より、この丹後地方では織物業が営まれ、古くは丹後国竹野郡から献上された「あしぎぬ」が、正倉院に残されている。そして、高級絹織物の丹後ちりめんは、基幹産業としてこの地域を支え発展させ、今もなお、機織りの音は途絶えることがない。」とweb「和の源流」。わかるようでわからない微妙な文章ですが、まあまあそこは、、、。[古来より、この丹後地方では織物業が営まれ、古くは丹後国竹野郡から献上された「あしぎぬ」が、正倉院に残されている。]というこのあしぎぬ・絁を献上した丹後国竹野郡は、正面半島連山の左端、金剛童子山のふもとになります。

この与謝峠は、古来より山陰道から丹後の国府へと続く官道。「大江山生野のみちは遠ければ」と詠んだ小式部内侍ももし丹後へ来ていたとするなら見るはずだった景観です。

「ここがお母さまが待ってくださっている丹後ですかぁ、いる天橋立はどこにあるのでしょう」とかなんとか。

与謝野町は個性のある町です。

DSCF8569

今にも動き出しそうな機関車。

DSCF8577

さて、丹後半島の付け根に位置する与謝野町。と引き合いに出してもらってうれしいその丹後半島は、正面の雪の連山とその向こう。

DSCF8555

また、この与謝峠から、丹後半島の山は展望できるものの岩滝、野田川、加悦の旧三町の合併でできたその「与謝野町」全体は展望できません。

阿蘇海沿岸の岩滝も含めて与謝野町全体を見ることができるのは丹後半島を縦貫する林道成相線鼓ケ岳付近からです。DSCF0926与謝峠新

いま行けるかといわれると行けません、

丹後半島は、大雪。

DSCF7679

懸命の除雪。しかし、生活道路部以外は除雪対象ではないのです。

春になって雪が解けて通行できるようになったら、ぜひ上がって見られるといいですよ。

若狭湾に浮かぶ冠島沖にただならぬ雲

DSCF870冠島

この雲の下は越前海岸のはず、

DSCF8710

(nhkニュース)

気象予報では、福井豪雪を日本海寒帯気団収束帯という聞きなれない気象用語を使って説明していましたが、この雲がそれなのでしょうね。

ところで、この二つの島について、

大本の霊場www.omt.gr.jp/modules/pico/index.php?content_id=69  では

若狭湾に浮かぶ二つの無人島で、綾部から見て北東(艮-うしとら)の方角にあります。 沓島には国祖・国常立尊(こくそ・くにとこたちのみこと。艮の金神ともいう)が、冠島には その眷属の神々が、三千年の間、隠退されていた霊場です。 明治時代に沓島・冠島 開きが行われ、ご神霊が綾部の聖地に迎えられました。」と紹介。艮の金神さまとは、この雲のことかなぁと思えるような雲。

さて、丹後半島はこの収束帯からはわずかにそれているので、快晴。

DSCF8595

(↑ 阿蘇海から)
しかしこの収束帯の上陸しやすいところが、「福井県嶺南地方、岐阜県西部山沿い、滋賀県北部、福井県嶺北地方、兵庫県北部、京都府北部、鳥取県、島根県東部、山口県北部など」ということ。

雪こそ降りませんが、寒気が相当なものだというのは、氷瀑が証明しています。

DSCF8666

屋根からはサメの歯のようなつららも。

DSCF8692

こういうことですから、丹後の警報は解消するわけにはいかない、警戒態勢は維持のというところです。

きつい寒波!

DSCF8347
岩滝の町も真っ白、寒い天橋立一字観です。

この寒波、韓国オリンピックの開催地ぴょんちゃんも覆っているんですってね。ということですから、お裾分け寒波ということです。

DSCF8413

その寒さ、ぴょんちゃんでは、脳みそも凍るほどということですから、丹後の寒波ぐらいは辛抱しなくちゃ。

DSCF8376
さて、12日、岳山スノーシューウオークを計画しています。

DSCF8244

その冬季オリンピック協賛ということです。

DSCF7697

山里海の絶景を見に行きませんか。

DSCF8259

お問い合わせください。

どこへ行きなるでぃゃあ?

DSCF8218

どこ行くん?

DSCF8213

どこ行くんだあ

DSCF8192

どちらへ

DSCF8183

そうかあ、岳山だったのかぁ!

DSCF8260

「そう、この景色見に来たの!」

DSCF8247

景色の良さがわかるなんてちょっとませてるなぁ!

さて、この山を訪れたもう一組。

DSCF8284

宮津高校フィールド探究部の皆さん。昨年先輩たちの果たせなかった夢を後輩たちがかなえてくれました。

それにしても、森はいいですよぉ。

DSCF8275

冬の森を歩かせる!部活を指導される顧問の先生の慧眼やよし。

「林分施業法」という天然林管理の方法を確立した元東京大学北海道演習林長でありながら、フィールドからの着想を大切にし、一度も東京大学の教壇に立つことはなくどろ亀さんと愛称で呼ばれた高橋延清先生。

「森の世界」
森には
何一つ無駄がない
植物も 動物も 微生物も
みんな つらなっている
一生懸命生きている
一種の生きものが
森を支配することの
ないように
神の定めた
調和の世界だ
森には
美もあり 愛もある
はげしい闘いもある
だが
ウソがない
『詩集 どろ亀さん』(緑の文明社)より

DSCF8173
純粋な子供たちの気持ちに応えてマックスビュアーに装って迎えてくれた岳山に感謝。

節分色に空の端を染めて、丹後の西の守りにつくいさなご山に沈む夕日。

DSCF8111節分色

羽衣天女はこの頂から天に戻りますが、それは、二月の節分の日だったと明かすかのように美しかったです。

水田に移る夕焼けは田んぼへの豊作のメッセージなのかもしれません。

いよいよ春、節分冬中、とはいいますが、梅一輪一輪ほどの温かさ ともいいます。

さて、温かくなってはできないこともあります、

DSCF8009

長岡の緑の少年団の一行が雪の京都・世屋高原で「スノーシューウオーク」を楽しんでくれました。

DSCF8031

この雪原の積雪2m。

しかし、この子達が雪原に見つけたのは、小さな春、ネコヤナギ!

みにいらっしゃいませんか。

« Older entries