宮津エコツアー · yasuda

Articles by yasuda

ツワブキ

20211016_120711ツワブキ

冬に向かって寒くなる ぎりぎり の小春日和にさきます、

元来の産地は台湾などの暖温帯、のでこんな時に咲くことができるといいます。
20211016_120659

太平洋の黒潮 日本海の対馬暖流 に乗って北上したので海岸沿いに群落を作って自生します。
潮風と強い紫外線から本体を守るため表面にツヤのある厚い葉を発達させているので、艶葉蕗(つやはぶき)とも厚葉蕗(あつはぶき)とも。

20211016_120350

そしてその語源をともにしているのツバキ。

20211014_094635

(↑ こういっちゃんげの八重ツバキ)

ツバキは、「光沢のあるさまを表す古語「つば」に由来し、「つばの木」で「ツバキ」になったとする説。 「艶葉木(つやはき)」や「光沢木(つやき)」の意味とする説」があるとされます。

天気予報が、今秋一番の寒気団の南下を伝えて 今日の上世屋。

20211016_151455ししうど

アダムとイブ

20211015_154618地球人

里山の論理と都市の論理、エコロジーとエコノミーとの間に戦いがあるとするなら、その最前線 。

20211007_180235

「守護獣」の乗組員です。

20211004_100243

大宮町三重コスモス

20211015_111513コスモス三重

小野小町さんが、「九重の 花の都に住みはせてはかなや我は 三重にかくるる」と 詠んだとされるのがこの三重の里。

「かくる」は、「死ぬことの遠回し表現」

まともに読めば私は三重の里の土になるのだ!といった意味になります。

が、好きな男にすねて見せて気を引く恋の駆け引きの歌のような気もしないではありません。

20211015_111642コスモス三重

どうなんですと尋ねてみたい秋桜畑

コスモスに小町かくるる三重の里

20211015_111530コスモス

海、夕べ。雲と島と海以外に何もないシンプルさがうれしい時間です。

20211015_171040若狭

それにしても北東の水平線の上空が赤いのは、なぜなのでしょうか、対岸の越前海岸は日の沈まない北東の方角、、。「冬」という敵が忍び寄っているのかもしれません。

 

 

20211014_15524820211014_101809

↑ 照美さんの秋畑のマリーゴールド                ↑ 里山 ススキもセイタカアワダチソウも一堂に会して秋野活け!

20211014_100036

↑ そば畑 ソバは手間ごちそう といいます

20211014_100156

↑ 秋の田んぼ納め

20211014_09261220211014_092904

↑ アキノキリンソウ                      ↑ 丘の前付近は東向き、ススキは朝

「アキノキリンソウは一枝に花をたくさん穂状に付け、その花穂の形を酒が発酵する時の泡立ちに見立てて別名をアワダチソウ泡立ち草)とも呼ばれる。」

20211014_09190120211014_092733

↑ 駒倉道の紅葉は11月から                   ↑ セイタカアワダチソウのアタックをうけるススキ原

20211014_084238

↑ 若狭湾沖合いに土手雲を作って、海の京都ロードは晩秋

ヒヨドリ花

20211013_120050ひよ

水と花はあいますね、大宮町三坂トンネル付近のため池です。

20211013_120301あわ

ミゾソバの蜜を集める日本ミツバチ

20211013_130323ミツバチ

金平糖のように甘いみつなんでしょうね

上世屋・世屋姫神社付近の畦を埋め尽くしています

20211013_130437みぞ

一本で 勝負できるじゃないか セイタカアワダチソウ

20211012_113347

さて、セイタカアワダチソウ 秋の季語として、俳句歳時記に 収めるべきか 否か

そんな議論があるそうです。+

セイタカアワダチソウ 秋草に入るや否や   小澤實

17音が俳句の基本 セイタカアワダチソウは10音。

20211010_095910アート

俳句は窮屈な茶室芸術。悩ましいところではありますが、元々がそういう窮屈さと戦って成立した芸術。

世の末の花かも背高泡立草 矢野 絢

父が消え母消え背高泡立草 藤本敦代

7音が勝負 果敢に 攻めてらっしゃいますね。

花材には良し セイタカアワダチソウ

20211011_123207芸術あわだちそう紀行

花材になるなら、俳材にならないはずはありません。

芭蕉さんや一茶さん、子規さんたちも、それでもって 季語の仲間には加えない、というのはいかがなものかとおっしゃるのではないでしょうか、

20211011_115621

現状に向かい合い対話を深めるのがいいと。

いちめんの黄色は背高泡立草 今井杏太郎

20211013_121741泡

背高泡立草鉄砲隊をひた隠し 星野紗一

背高泡立草は菊科ですので、香りは菊そのもの。

20211012_121048

秋の仲間とよく合うものです。

20211012_122704

 

 

 

 

すさまじき 里山ヶ原の 秋の陣

20211007_131651suススキ

原産地アメリカではゴールデンロッドと呼ばれているそうですね、このセイタカアワダチソウは。

20211007_124433

侵略的外来種です。

20211007_123943里山ヶ原の

ススキ海ともいわれる純粋なススキ原風物詩が味わえなくなったと嘆く向きもあります。

20211007_124351

しかし、一方 そのススキも 所変わればなんちゃらです、

20211007_123920すさまじき秋の陣

「ちなみに、·ススキは英語で. Japanese silver grass。北アメリカでは逆にススキが侵略的外来種として猛威を振るっており、セイタカアワダチソウなどのゴールデンロッド類の生息地が脅かされている」とウィクペヂア。

20211007_110054ススキ海

シルバーの竜とゴールドの虎が、日米の原野で、がっぷり組んで支配権陣地争奪の攻防を繰り広げているわけです。

それを思うと、別の感慨がわいてくるものです。

20211008_120434

が、それにしても、秋晴れの下の里山の黄色が、稲穂の黄金でないのは、興ざめもするものです。。

 

 

♪トンネル掘ったのは この俺だ 、、この国を作ったのは 俺たちだ♪

 

20211004_162215

 

 

 

橋を創ったのはこの俺だ 【F】

作詞
作曲
高石 友也
トム・パクストン
昔昔のおれ達のこと
暗い森を切開き
畑を耕し家を建てて
この祖国を作ったのは俺達だ
■橋を創ったのはこの俺だ
■道路を作ったのもこの俺だ
■強いこの腕と身体で
■この祖国を
■作ったのは俺達だ
誰がこの祖国を創ったのか
偉い社長さんや代議士さんが
命令したから出来た訳じゃない
俺達がいたから出来たのだ
■橋を創ったのはこの俺だ
■道路を ……ref……
俺の先祖や子孫には
偉い奴など一人もいない
石炭掘って町を作り
この祖国を作ったのは俺達だ
■橋を創ったのはこの俺だ
■道路を ……ref……
創っているのは俺達さ
動かしてるのも俺達さ
歌っているのも俺達さ
この祖国を創るのは俺達だ
■橋を創ったのはこの俺だ
■道路を ……ref……

 

20211004_154740

 

カエルが実は主人公のエコギャラリー「花美世屋」は、、、、、、ともやさん、、、元気にされていますかぁ、、、とメールしたくなる気分にさせるギャラリーですよ。どうぞ ご利用ください。

白き花は 何と君問う 山畑

20211004_110207

わたしゃ あんたのソバがいい と いうとるじゃろ

20211004_110616

 

ミツバチの 羽音あふるる 秋野菊

20211004_121727

エコツアーは、人と人の出会い、生き方と生き方の出会いが演出されているツアーなのです!

20211004_131117

アキアカネ

20211002_134013アキアカネ

「捕まえると罰が当たるとする言い伝えもあり、東北地方では雷に打たれるとして「かみなりとんぼ」と呼び、東海地方では目が赤くなったり腹が痛くなったりする、あるいは瘧(おこり)、即ちマラリアの発熱発作を起こすとする伝承がある。」とウィクペヂア。

20211002_134410

この罰当たり伝承をうんだ背景としては、「秋に大群で出現するアキアカネに何らかの霊性を認めたためであったのか、それとも害虫を食べるトンボをむやみに殺生することを戒めたものであるのか」などが考えられるとしてありました。

20210930_120316

乾燥させた成虫を解熱剤や強壮剤に使用したとも。

20211002_133433

いろいろ持っているこの「アキアカネ」のアカネは、赤根とも茜ともかく植物の「アカネ」の色に由来すると言います。

20210928_170315

根を使えば赤く染めることができるので赤根、また、西に草冠をかぶせる「茜」のほうは、夕陽が西に沈んだときの山と空の境の赤みを帯びた橙色を指します。

20211002_181423

「秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 まいて、雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 」

20211002_173555

秋の日の暮れに清少納言は、生き物を取り上げられましたけれど、夕日が差し、日が沈むまでの間に見ていらっしゃった色は、紛れもなく「茜」色だったのでしょうね。

 

 

 

« Older entries