宮津エコツアー · yasuda

Articles by yasuda

全国各地から届けられるアジサイ名所の花便り。

丹後でも梅雨の季節のうっとうしさを癒すように咲いています。

京丹後市大宮町出会いの踏切のアジサイ。

20200619_094807

天橋立、溝尻付近のアジサイ。

20200702_125134

大宮町五十河、小町公園のアジサイ。

20200703_112014

与謝野町岩滝の阿蘇海臨海公園のアジサイ。

20200630_101747

 

いまどき、シカやイノシシ対策無しで里山は成り立たないのに狭苦しい電気柵やメッシュ柵で囲まれるのはご免だと言わんばかりに のびのびと咲いています。

弥栄町野中の堂々としたアジサイ。

20200708_162517

スイス村では、アジサイはロードフラワーです。

20200709_154113

シカにしてみたら、葉も柔らかそうで、カラフルな花は美味しそうにみえるのではないですか。いかにもどうぞ食べてくださいとさらけだしているのに、シカは手を出していない。

20200629_115623

なぜ?

ここは、シカに直撃取材です、

その秘密を尋ねてみたところ、確かに食わない、あれはあかん、毒があるといって、富山大学和漢医薬学総合研究所の数馬恒平先生紺野勝弘先生が、 厚生労働省のプロファイルに書いてらっしゃる「自然毒のリスクプロファイル:高等植物:アジサイ」という記事を読め!と教えてくれました。

それを見てみると、こんなことが書いてありました。「1920年にアメリカで馬および牛のアジサイ中毒の報告があります 。これによれば 、動物は下痢 、体温上昇 、呼吸数および心拍数の増加 、骨格筋の強い収縮などがみられ 、山羊のように足を突っ張って飛び上がったりしました」

なるほど、、、そういうことがあったのですね、

アジサイは日本原産のエゾアジサイが元、可憐なか弱い植物です、チョウやカエルが毒を持って身を守っている訳ですから、アジサイが毒をもって身を守っていることは納得できます。ところが、被害を受けている名所もあるといいますから、話は単純ではありません、

どうも、数ある鹿の中には、その「中毒感」がいいとかいう変なやつが生まれているのかもしれません。

20200709_143527

(↑ 弥栄町舟木 那具神社のアジサイ)

丹後に、そういう変なシカが侵入していないのだとしたら嬉しいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空の蒼、海の碧、島の濃い緑、アジサイの青

コピー (1) ~ 20200616_103019

(↑ 宮津江尻から日置の間)

山、空、花の三点セットはあります、けれど、海、山、空、花、この4点のコラボの絶妙感は海の京都丹後しか求められないものでしょう。

20200612_152543

さて、海外からのインバウンド頼みは壊れた。けれど、活路は見いだせる、「国内には観光産業が生き延びていくためのマーケットは存在している」と星野リゾートの星野さんがニュースウオッチ9で。

20200617_225851
「観光市場調査ではインバウンドは17%、確かに少なくない。4.8兆円。一方、残りはといえば、国内観光客が占めている、83%、その額20兆円だ」、その国内観光客を呼び込めば、生き残れる!と呼びかけていらっしゃいました。

20200617_230454

道を拓くためのキーワードを彼は挙げました
「マイクロツーリズム」
お客さんは用心しながら安全だと思う範囲、近場から「観光」を始める、それは「1~2時間圏内で自家用車で行ける旅」から。、
海の京都・丹後に当てはめれば、二市二町を中心に、舞鶴豊岡からギリギリ京阪神、、、
この範囲の中で、そこでまずテストされることになる。ただし、生き延びるために必死で知恵を集め工夫して頑張る、これが条件。

エコツーリズムは、こんなとこがあったのか、こんなものがあったのか、こんな人がいたのか、、、みなれた景色の中に、価値のないありふれたものの思って見過ごしたものの再評価と再発見をして、それを今しかここしかあなたしか、のものを提供することです。

星野さんのような方は、雲の上の方だと思っていましたけれど、そう、それ、そこなんだ!と見ていました。

20200616_131648

世屋の学校の金さんにそんな話をしたら、「生き残るために、必死でがんばる!」それしかないと頷いているようでした。

ところで、京丹後市みんなのありがとうクーポン券、市民一人1000円分、ありがたく受け取りました。

20200615_180409

けれど、「1~2時間圏内で自家用車で行ける旅」「マイクロツーリズム」 近場「観光」を刺激する、そういう課題と意味では、海の京都の範囲でどこでも、相互に乗り入れるという形に出来ればとも思いました。例えば、宮津の日置の丸丹ソバを食べたいという京丹後市の方もいらっしゃれば、京丹後市の弁慶寿司を食べたいという伊根の方もいらっしゃるじゃないですか。まるたんで食べてついでに、やまいちによってみよう、成相寺を拝んで大観望へ上がってみよう、となれば、旅行気分!さらに足を伸ばして海星公園でのんびりしよう、ビーチロードをもうちょっと走って伊根へ、そこで向井酒造のくにちゃんと話して伊根満開を買ってくれば、コロナの憂いなんかふっとびますよ。岩滝の方が、弁慶寿司のついでに、味土野にあがって温泉に、これも旅行気分!それがマイクロツーリズム、この近場観光をもっともっと刺激する方策を海の京都二市二町は協働し知恵と工夫をだしたら、このコロナ禍、他の追随をゆるさないモデルができるはず。

20200601_162516

「宮津世屋エコツーリズムガイドの会」「丹後半島エコミュージアムサービス」をつかってください、

20200528_122552

逆境につよい提案をさせて頂けるはずですよ。

卯の花、ウツギは夏の雲の色!

20200602_154444

「匂いがすてきだねえ!」

なんていった?と折から卯の花の蜜を吸っていたミドリヒョウモン(でしょうか?)

20200602_154556

歌ってやりました。

♪うーのはなぁのにおうかきねにーほーととぎーす はやもきなきてぇ♪

「この花、臭わないけどなぁ」とまたチョウ。

!?!

チョウに、古典を教えてやりました。?

におうというのは匂うと書いてな、

①美しく咲いている。美しく映える。

「春の苑(その)紅(くれなゐ)にほふ桃の花下照(したで)る道に出(い)で立つ乙女(をとめ)」

とか、

20200604_161128

②美しさがあふれている。美しさが輝いている。

「紫草(むらさき)のにほへる妹(いも)を憎くあらば人妻ゆゑに我恋ひめやも」

だから、垣根の卯の花が夏の日差しに輝くように咲いている、こういう意味なんだ!

20200602_154452

(↑五十河田圃)

「うのはなのみつを吸ったら卯の花のにほいのおならがでるんだろうか…。」

 

20200602_154540(0)

まだまだわかってないようです。

20200604_064739

野にうつぼぐさの匂いて夏はきぬ。 世屋野蕪村

自動車道京丹後森本インター付近の水田に夏の雲。

20200528_095820

山は丹後の宝です。

20200528_095940

丹後縦貫林道経由で、若葉青葉の森を楽しみながら、「丹後海と星の見える丘公園」まで走ってみましょう。

成相線に入って、アクセルを踏み込みながら高度を上げていきますと、大江山から岩滝へ流れる野田川と与謝野町が見えてきます。なんだか、あんパンを二つに割ったような地形がおもしろいです。山裾右側に活断層山田断層が隠れているそうです。

20200528_101943

鼓ヶ岳入り口付近で、標高500m。ここでテレビ塔方向に寄り道します。300m地道に入ります。

20200528_102546

栗田半島から舞鶴、若狭、越前までの若狭湾が一望です!

目的の海星公園は、下の画面の、右側、海の側にあります。

20200528_103610

元の林道に戻って、緩急様々なカーブとなだらかにアップダウンを繰り返しながらさらに進むと緑濃い森林域が待っています。

20200528_105020途中にあるトチの群生域は見物です、特に今年は花満開年。

20200528_110121

大トチも梢いっぱいに花をつけています。その△形に尖った花房一つ一つが仏様の形に見えてくると、手を合わせたくなるというのか、なんともありがたい気分です。

正面の山の山麓に開かれた縦貫林道を走ってここへきました。

20200528_111923

無数の葉の一枚一枚が、花のあとの実を肥やすためにフル操業で光合成を行っている樹海ロードを抜けると世屋高原に入ります。

20200528_111943

この辺りで成相線は終わり。海星公園へは、角突き山線には入らずに、上世屋の里へ。

20200527_144157お椀のような不思議な地形は、地滑りによるもの。あまのはしだてを作る砂もここがふるさとだと言います。

里と棚田と草原と山と鳥の声と花々を跳び渡るチョウ、

20200528_122112鉄や油、コンクリートとといった現代的な人工物と饒舌な宣伝看板のない世界が嬉しいです。

20200528_122552

この里を下ること15分で、きょうとふりつたんごうみとほしのみえるおかこうえん。

original_file_home

遊ぶ と言う漢字の中には、子どもがいます!

遊ぶ という漢字は、「旅」という字とどことなく似ています!

20200527_152815

丹後縦貫林道、森本インターから、成相線、上世屋経由丹後海と星の見える丘公園まで、心を「遊ばせる」ことのできる道ですよ、特筆すべきことは、この間信号0。ぜひご利用ください。

そんな林道旅のお弁当はこれ。

IMG_4363

世屋高原最高部の平家落人伝承の伝わる木子の里のペンション『自給自足』の作品です、サンショウ、朴葉巻き、玄米と三種のおにぎりに高原に自生するありったけの山菜をつまり材料費ただ、それを味よく料理するのがプロの技、八種類。これで750円、信じますか、注文承ります!

さて、このコース順、逆も真なり、

20200528_113617

海星公園から上世屋、成相線を走って京丹後市から、但馬こうのとり公園へ行くこともできます。

もちろん、車でないと通れないことはありません。

IMG_4358

海星公園からきて、海星公園へかえるんですって!

東京オリンピックマラソンを目指す選手の合宿に最高ですよ。

 

藤とサクラうつぎの組み合わせの妙!

IMG_3824 「野活け」と呼んだらいいのでしょうか。里山の神様が、ちょっちょっちょと手すさびに組み合わせられたというかんじです。

IMG_3828

これもまた!サクラうつぎの玉造りとでもいうのですか。

IMG_4479

里山の神様、剪定の技もなかなかのものです。

サイズも立派、たにうつぎの部では、おそらくですが、「日本一」の巨樹。少なくとも、丹後を代表する樹であることは間違いありません。

IMG_4476.jpgまるつくりうつぎ

これらの造形、世屋高原アスペン農園付近で見ることが出来ますよ。

 

「生」、「生きる」という漢字をばらしてごらん!

IMG_3907

「土」と「人」という字になるじゃろ!

IMG_3908

ほんとだ、

IMG_3906

米をつくることは、「生きる」ことの基本なんじゃ。

IMG_3852

ステイファーム!

IMG_3896

コロナで学校にも行けない子どもたちが、丹後町野木源さんのご厚意の田植えを楽しみました。

IMG_3892

「虹のキラリ」が植えた稲の品種名。温暖化の影響を受けて作りにくくなったコシヒカリの後継品種として味と収穫量が期待されているといいます。

IMG_3912

土と子どもたちとのたんぼ甲子園、

秋の稲刈りを楽しみに、コロナと戦いましょう。

マスク、はいってますよー!

IMG_3291

アルコールも!

IMG_3287

天は自ら助くものを助く、じゃ!

IMG_3259

のたうっているのは、「大きいことはいいことだ、早いことはいいことだ、快適なことはいことだ路線」。

里山では、いつもの5月。

IMG_3067

虫たちを誘って花が咲き

IMG_3110

花の誘いにあずかってチョウが訪れています、

IMG_3072

新しい生活様式を、といいます。

IMG_3261

それは手のひらサイズの里山時間を取り戻すことだとおもうんですけれど、、、。

IMG_2998

どうなんでしょうか!

IMG_3257

 

 

 

「金さん、どうしたらええんだろう?!トヨタ 来年3月 営業利益80%減 と予想 コロナショックは、リーマンショックと比べて、遙かに大きい、そらそうですわ、今シンプル生活に戻ってシンプルさの豊かさを味わう時」といわれているなか、自動車を買い換えるなんてとんでもない」

IMG_3002

「うむ、分を守れということしかいえんな」

世屋聖観音さん、

トヨタ城が崩れたら日本はどんなことになるですか!

どうでこんなことになったですかぁ?!

IMG_3052

「苦しいときこそ、心に花を!わたしに言えることは、それだけ、」

ほら!

IMG_2466

「希望を失わないことです。」

IMG_2469

「今試されている思いやりと理性とアイデアです。」

img182

「このテストに合格すれば、人類が生き延びることが出来る地球環境を取り戻すことが出来るかもしれませんよ。」

IMG_3115

 

見っけ!

IMG_2711

ルイヨウボタンです。ブナやトチなどの夏緑広葉樹林の「谷沿いなどのササの密生していない斜面下部などに点々と生育する」メギ科ルイヨウボタン属の多年草。数は多くないと京都府レッドデータ選定。◎府内の分布記録区域は、「中丹地域、南丹地域、京都市域」。準絶滅危惧種の下位指定ですから、このエリアではかなり生育はしていると言うことなのでしょう。

IMG_2718

ただし、その分布記録に「丹後地域」とはありませんので、丹後では、超レアーなものかもしれません。

さて、ルイヨウボタンという和名の意味は?

カタカナ表記だけでは見当つけかねますが、漢字では、類葉牡丹と書きますので何となく想像できます。ボタンは釦でなく植物の牡丹。さらに、ルイヨウから「類葉」を想像できる人は「漢字検定上級」の力をもった方です!

IMG_2712
「1 同じ種類の葉。似たような葉。2 同じ一族からわかれた者。」

というのが「類葉」の意味なんだそうです。名付け親は、葉の形がボタンの葉に似ている、ならば、「類葉牡丹」としよう、相当な学者さんだったのでしょう。

IMG_2713

ちなみに、キツネノボタンのボタンも釦でなく、の牡丹。「毒があり、かつ深い切れ込みのある葉が牡丹によく似ているところから「の牡丹」の名前が付けられた。 「キツネ」には毒、あるいは嫌なものという意味があり、毒草にはしばしば「キツネ」の名がかぶせられる」ということです。
.

 

マダニ!

IMG_2422

彼らは、越冬もして、六年くらいも生きるのだそうですが、この固体、六年生の大親分!かもしれません。

IMG_2407

さて、このマダニ、コロナで影が薄くなっている感があります、しかし、なかなかどうして、が野生の獣たちの生育域が温暖化のため広がりを見せているのだそうです。京丹後市の有線で警戒を呼びかけていました。マダニも決定的な治療法はないウィルスを媒介するため、里山の山野を活動の対象にする私たちは、十二分の配慮をする必要があると聞き入ったことです。

IMG_2376

ところで、その、「マダニ」についての情報、怖い怖い、警戒しろというところが一般的です。しかし、もう少し、情報が必要じゃないでしょうか。人の血を吸うのは二酸化酸素センサーが働いて飛びついたというのですが、それはたまたま生育域に入ってきたから。ふだんは、とりつかれて彼らに血を供給しているのは鹿やイノシシ、ネズミなど。その彼らもダニは嫌いで、イノシシなどは泥浴びや樹に体をこすりつけたりしているのですが、それで充分なのでしょうか、温暖化によるダニ増殖は、かれら鹿やイノシシ、ネズミにとっても脅威のはず。しかし、さしあたってばたばたとたおれているという状況にはない。なにかあるのかもしれない、とチェックしましたら、ダニにも天敵がいて、その天敵を鹿やイノシシ、ネズミたちは利用しているようなのです。

IMG_4218

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

(国)森林研究・整備機構森林総合研究所は6月5日、森のネズミと共生する節足動物のオオヤドリカニムシが、感染症を媒介するマダニの天敵であることを見つけたと発表した。最近、野生動物の人里への進出によってマダニによる感染症のウイルスや細菌の媒介が懸念されているだけに、天敵の機能を活用した新たな森林管理のあり方に繋がるものとみられる。

マダニは哺乳類、鳥類、は虫類の血を吸って生きる寄生生物で、日本では約50種が知られている。主にネズミなどの小型哺乳類に寄生する。

人の感染症の約75%は野生動物と共通しているといわれ、西日本で患者が確認された重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などのようにマダニなどが媒介するものが見られるようになった。

その増加の要因には野生動物の分布拡大や気候変動などが複雑に絡んでいるだけに、森林総研では野生動物の適切な管理法として天敵の機能が発揮されるような研究を進めている。

そうした研究の中で、ネズミに便乗して移動する体長5mmほどのオオヤドリカニムシを採取し調べた。このカニムシはネズミに寄生はするものの危害を加えることはなく、コナダニやマダニを好んで食べた。

カニムシの口は固形物を噛み砕くよりも体液を吸い取るのに適しており、食べられたマダニは中身が空っぽで半透明状態だった。与えたマダニを8割も好んで食べたことから、オオヤドリカニムシはマダニを捕食する天敵であることが分かった。こうしたことから森のネズミとカニムシは共生関係にあるとみている。

カニムシはドングリなどの餌が豊富で、ネズミの生息密度が高い森林に多く見られる。

今後、カニムシがどの程度ネズミの繁殖や生存に役立っているかを定量的に調べ、生物多様性の豊かな森林が野生動物由来の感染症を押さえることにどの程度役立っているかを解明し、適切な森林管理のあり方を探ることにしている。

詳しくはこちら

感染症を媒介するマダニの天敵を発見 | つくばサイエンスニュース
www.tsukuba-sci.com

、、、、、、、、、、、、、、、、、

IMG_2345

ダニの天敵がいるなら、コロナの天敵も必ずいるはずと思いました。

もう一つ、シカやイノシシの生育域に入られるときは、「おおやどりかにむし、、おおやどりかにむしとおりまあーす」と三回大声で唱えてからダニが寄りつかないのかもしれませんよ!

 

« Older entries