宮津エコツアー · 6月 2014

6月 2014

空梅雨のような空模様、この時季だけの自然の営みが身近に観察できる天橋立。

 

ハマエンドウ  天橋立では珍しく大粒なみのり

DSCN8445 左同

ハマヒルガオ  花期終了、次のステージへ

DSCN8439 ハマヒルガオの実

ヤマモモ  熟すのも間近 今月末から7月中旬にかけてが最盛期

DSCN8432 ヤマモモ

昨年のみのり (撮影 以下2枚とも 平成25年7月5日)

DSCN5252 ◎ヤマモモの実

DSCN5249 ◎ヤマモモの実絨毯

クワ  なぜか小天橋に大きな桑の木一本 実が熟し始めた

DSCN8434 クワの実

 

ハマナス  花の姿も香りもすばらしく、実はこのとおり

DSCN8443 ◎ ハマナス

ところどころに時季遅れの花も

DSCN8442 ハマナス花と実

夏の海の京都全開!

IMG_8133ぬ
天の橋立の海も空も波も花も、夏モードです。

 

キキョウ開花。 IMG_7939

夏至の翌日のことです。キキョウ紫、、しっとりと落ち着いた色です。知将明智さん好みなのも理解できます。開花のゴーサインは日が短くなること。日の出も日の入りも1分ずつ短くなります。それに反応するのですからひたすら感動するしかありません。秋の七草、 秋の野に 咲きたる花を 指折およびおり かき数ふれば 七種の花 (山上憶良 万葉集  一五三七 巻八) 萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花 (山上憶良 万葉集  一五三八 巻八) ぼちぼち確認し直しておかないとと思います。秋の七草は花を楽しむシリーズ!としてセレクトされたと理解されています。が、山上憶良さんがそんな単純であるはずがありません(^.^)薬草シリーズです。 IMG_7937

キキョウも根にサポニン成分を含む薬草。

棚田に点滅する黄色い光り、10匹はいます、飛べ!うむ、、、飛ぶホタルを撮るのには技術不足(´・ω・`)

IMG_8246

けれども上世屋にホタルはいまぁす!これを証明しなければなりません!見上げれば星。

IMG_8254

空の星が撮れてたんぼの流れ星が撮れないわけはない、明日もやります、

IMG_8255

いっしょに撮りませんか、8時頃、「宮津世屋ガイドの会 事務所」へいらしてください。080-2517-6999

持ち物は,懐中電灯、長靴。三脚、リモコンシャッター、運転手付きならビール。

こういうのを「とびけり」と言うんだ!

IMG_7831ぬ

畦にうずくまるようなトビを上空からおそうトビ。

IMG_78501

遊びを越えています、餌を巡ってなのか縄張りなのか執拗にアタックをくり返すのです。

IMG_7833

カラスとのけんかはたびたび見ますが、トビ同士もやるんですね。

 

丹後の山が見える!

IMG_7915

京都市内から3時間、亀岡、丹波、福知、、、野を越え山を越えて走って、、やれやれと思うところがここ。与謝峠の陸橋付近から。地学好きの方には興味の尽きないところかもしれません。 両側に山を挽き割ったような加悦谷と五十河の間のやさしい三角の屏風のような山の塊。丹後大震災を引き起こした活断層が縦に横に走っているのが読み取れるからです。 正面奥が丹後半島。右が東、左が西、幅約20キロ。山が見えると言っても高くはない。精一杯背伸びして頭を低く垂れ込める雨雲の中につっここもうとしているのだけれども届かない。そんな山を地学者は高めの台地と認識したそうです。

IMG_7918

丹後半島の山地を「中央高台」と呼ばれたのは、地学者の多田先生。

1928年のことと「郷村・山田断層系の変位地形と断層運動」で植村善博先生。※  topo.earth.chiba-u.jp/afr/backnumber/No1/1号。

ちなみに、翌日の丹後半島。

IMG_7970

低気圧の次は高気圧と偏西風が順番に運んで来ます。よって天気は西から!網野上空の夕焼けの予告通りに、晴れ!

タマネギを背負ったカズコさん。

IMG_7791

背板が現役です。

日の暮れかかった里で彼女がお話ししてらっしゃるのは、山からもどってらしてテルミさん。

IMG_7735

ササユリを電動車にさしてらっしゃいます。

IMG_7800

この花は見えたら採ってかえりたくなる、そんな花なんですって。

天橋立の美化は、地域の方々の地道な行動である落葉清掃・漂着ゴミ収集・心無い太公望の放置ゴミ拾い・有害植物の除草等で支えられている面があります。

年間千数百名を超える「天橋立まもり隊」の皆さんによる貢献もその一つ。

 

今年も地元日本冶金工業労働組合大江山支部の方々が組合役員と共に有害植物の草取りをしてくれました。

 

この若さで頑張るぞ

DSCN8414冶金労組

日頃のお仕事とは少し勝手が違うようだ

DSCN8417 少し勝手が違うか

これが今のハマナスです

DSCN8418ハマナス

これから取ってもらう 「オオマツヨイグサ(中央)とヒゲナガスズメノチャヒキ(その下)」です

DSCN8423 オオマツヨイグサ

 

オオマツヨイグサ

DSCN8420 オオマツヨイグサ

先日ほかの「まもり隊」に取ってもらった後もこのとおり、ヒゲナガスズメノチャヒキの種がみのってきている

DSCN8422 ヒゲナガスヅメ

軍手に「ノギ」が刺さって、取り除くのに一苦労

DSCN8424 作業

みなさん体力には自信、きれいになってきました

DSCN8421 体力には自信

 

 

成果と共に記念撮影  ありがとうございました。お疲れ様でした。

DSCN8430 まもり隊

 

 

キンサン、ナデシコがさきはじめたなあ、

IMG_7689

「ウム 夏至になったからなぁ」

ところでおしえてほしいんだ、花が咲いている、見にいらっしゃいませんか、と言うときには「開花中」というよなぁ

「そのとおり 動物園では「開園中」!」

じゃあ開演中というのはどういうときじゃろう?

IMG_7693

「ウム演劇が落語かなにかみせていただいて聴かせていただいて楽しんでいただきますよ(^.^)ということじゃろ、、、、。」

ということで、ミステリアルな里山体験がしていただけるかも、、、 藤織り伝承交流館、下記のように「開園」されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開演曜日 毎週 土曜日 開園時間 午前 9~12時 午後1~4時

木戸銭   お志 連絡先    0772-27-1547 (藤織り保存会・井之本さん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お問い合わせは、ガイドの会 080-2517-6999 でも承ります。

石段の手すりは重宝なものです。

IMG_7434

育苗用ビニールハウスが。来年まで片付け、と思っていたらお布団も、、、

IMG_7588

夏がきたんですね、、、。
「夏ちかし、蒲団干すなり 世屋の人」

さて、これは乾す干すという行為そのものです。では「春過ぎて夏きにけらし白妙の衣干すてふ天香具山」の「衣干す」もそう理解していいのか、というとそうではありません。体言止めになっています、毎年香具山に咲く白い花が白妙の衣で覆ったようで、神々しく見えることですわ!と山を頌える歌です。そのころ全山を白く染める花と言えば、「タムシバ」なのでしょうか。

IMG_7587
それはそうと、もぐもぐさん!不要なシートを架けて、ペイントスプレーで、さらぁっと、「里山アート」やってみませんか(^.^)

« Older entries § Newer entries »