宮津エコツアー · 2月 2013

2月 2013

2013/02/19

でましたねぇ!一万人が選んだ日本の自然を集大成美しき日本の自然100愛蔵版DVD全10巻  全紙折り込みの広告特集、2月18日。
『文明大国となった日本ですが、この“美しき日本の自然100選”にはまだまだ世界にほこりたくなるような素晴らしい自然がたくさんあります。懐かしくて心がほっとするような、味わい深い景観がたくさんあります。この日本の自然は決して失うわけにはいかない私たちの宝物です。、、、、、』と紹介。

その中に、天の橋立も「全長約3.6kmの※砂州に約8000本のクロマツが生い茂る白砂青松の景観と。 第六巻、 ‥宮津湾・由良が岳・獅子崎・稲荷神社・飛龍観展望所・大天橋ほかからの景観が所収されていると言うことです。天の橋立+ワンの宮津のエコツアー、天の橋立の「白砂」の供給元・世屋の里の地滑り地からもエールをおくります(^.^)

※  ちなみに、天の橋立は
地学百景
「日本三景の一つとして名高い天橋立は、全長3.6kmもの長さにのびた砂州です。」
京都府HP
「きらめく海に横たわる青松と白砂の砂嘴が、偉大なる自然の力を感じさせる天橋立。」
砂州と砂嘴、二通り使われています。


では、天の橋立は、砂州なのか、砂嘴なのかというと、
「日本では一般的に湾口にできた砂嘴が発達し、対岸またはその付近までに至った地形と言われるが、砂州と砂嘴との厳密な区分基準は定義されていない」(京都教育大・武田一郎先生)
さて、「美しさ」ということになると、DVDの天の橋立が天の橋立の美だと思うと、その日にその場所に来なければそれ以外はダメだった外れた、ということになってしまう論理。私は「美しさの基準は千差万別論」。

(↑2/19 正面の山は鼓ケ岳、雨乞いの山。雨を司る白龍がすむ山のイメージはこんなところから生まれたのでしょうか)

最近川端康成の未発見の小説がみつかった、その題「美しい」。美しいの意味は宇宙的。

写真サークルの皆さんの世屋訪問が、大雨の日に当たったときに、晴れているときより、味が出るものです、とおっしゃるのを聴いてから、宗旨替えしました(^.^)

2013/02/18
「上高地へ行ってきました、巨石が河原にゴロゴロしていたのを撮りました」といってもとおりませんか!


しかし、ここは世屋。

ゴルフ場付近の道路工事で等で出た岩の集積。

大きさといい、かどかどしい形といい、量といい、ここにある不思議を、岩にインタビューしてみました。
ところが、ウンともすんとも、何もしゃべってくれません、
「いわない」(^.^)
それはともかく、「岩ぬなら、岩せてみよう」
口を割らしてみたいじゃないですか。

 

2013/02/18

♪人みな花に 酔うときも 残雪恋し 山に入り

♪涙を流す 山男 雪解(ゆきげ)の水に春を知る


『ぼうがつる賛歌』一番。この歌詞が、今の上世屋の雰囲気にぴったりなのですよ(^.^)

元広島高師(現広島大学)山岳部の歌、

ちなみに、ぼうがつると言うのは

「大分県南西部、竹田市にある湿原。九重(くじゅう)火山群の主峰・久住山大船(たいせん)山の間の山岳地域(標高1000~1270メートル)の小盆地床に形成されている。国内最大級の中間湿原(面積0.53平方キロメートル)。阿蘇(あそ)くじゅう国立公園特別保護地区・同特別地域に含まれる。」とgoo国語辞典。

 

2013/02/18

ご当地ソング二つ。□□□□□ ■■■にはいる言葉はさて?

まず一つ目、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪ 壁の日めくり 一枚破り
宿の窓辺で 鶴を折る
泣きに来た □□□□□は 波まくら・・・・・
海が玄関(おもて)よ 通りは裏口(うら)よ
そんな哀しい 恋だから

三日三晩の 東風(いちせ)もやんで
沖は夕なぎ イカ日和
絵のような □□□□□の 月灯り・・・・・
ふたつぐい呑み 並べてみても
ひとりぼっちは 淋しくて

旅のおわりの 浮棧橋に
咲いて春待つ 口紅水仙(せっちゅうか)
ふりむけば □□□□□は 雪の中・・・・・
生きる寒さに 負けそな時は
泣きにおいでと 呼ぶように

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

答えはこれ

(↑ 伊根町役場ホット館にて 宮津高美術部作)

「伊根の船屋」。作詞は水木れいじ 作曲、水森英夫 歌 水田竜子。

二つ目、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♪ ※ヨッホー ホホッホホー ヨッホー ホホッホー ■■■へ行こう

ヨッホー ホホッホホー ヨッホー ホホッホー みんなが待っている

1 京都から 山陰線に乗って 綾部で乗り換えて
舞鶴線で 西舞鶴で乗り換えて 宮津線に乗って  ※

2 由良川の 鉄橋を渡って 右に海を見て
海の向こうに 丹後の山が おお見えてきた  ※

3 天の橋立に 昼ごろついて バスに乗ろうと思い
駅員さんに 尋ねてみたら 4時間待てという  ※

4 しかたなく 天の橋立を 歩いてわたる
松の木陰では アベックがよりそい あーなんて俺はわびしい  ※

5 重い荷物を 肩に背負って 山道を歩く
鳥が鳴き 谷川のせせらぎが やさしく語りかける   ※

6 福寿草と つくしの子どもが 肩をよせあう村
28軒の家々が 肩を寄せ合う村   ※

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、こちらの■■■。どこへ行こうというのか、目的地は?

答えは、ここ。

♪「上世屋へ行こう ヨッホー ホホッホホー ヨッホー ホホッホー みんなが待っている」

1977年、黒坂正文さんの作。おいで一緒にコンサートのテーマソング。

 

 

2013/02/18

気候は標高と緯度に比例します。北海道稚内は関東の山では標高1500m付近。標高500mの世屋の気候は北陸・東北に相当すると言います。

(↑ 2/16 松尾田んぼから若狭湾)
18日11時現在の気温
最高   最低
舞鶴   8         2
新潟   6         0
酒田   5       -1

標高100mにつき、0.6℃の理屈ですから、海抜0mの舞鶴が8℃なら、標高500mの世屋は5℃。山形県の酒田市に相当します。
つまり、この景観は、山形県から京都府をみていることになります。

積雪量?郵便車に聴いてください(^.^)

ついでにもう一ネタ、「 まわれー右!」していただきましょう(^.^)
旅行村からの切り通しを越えると、「山形県」。

木子高原です。鍋淵は中央にあります。宇川源流の谷が中央に刻まれているにもかかわらずなだらかで、平原のように見えます。

隆起の速度の方が浸食作用より早いので、このような形になったといいます。

地学用語では、「隆起準平原」、京都府の登録地形の一つです。

「山形県」での交通手段はこれ!

 

 

ここ2日ほど朝の気温が氷点下に・・・・・こんな時こそ雪山が綺麗!!
スキー場に向かう府道で

落葉樹に雪の華が・・・・氷点下になればこそ

寒いのを我慢して見られる雪の芸術

スキー場ではシカが輪を描いて遊んでいました。

晴れていればもっと映えるのだけど・・・・アカシデの霧氷

世屋高原でスノーシューウオーク京都新聞記事

2月17日、世屋高原集会所に集合して、早春の木子・オオフケ湿原の前山一回りコースに出発しました。

世屋高原休憩所に集合

一昨日からの降雪で、しまった雪の上に20cmほどの新雪、そしてお天気も上々、ベストコンディションです。

新雪の上を気持ち良く歩く

山頂では、Kさん特製の熱いゆず茶をいただき、おいしい顔です(^_^)v

ゆず茶をいただくおいしい顔

そして、思い思いに新雪を楽しみ、世屋高原の冬・雪を堪能しました !(^^)!

思い思いに雪と遊ぶ

雪の大平原で記念撮影 (^_^;) 遅れて出発の3名様と撮影係さんは写真に収まらず、失礼 (^_-)

大雪原で記念撮影

そして、合力の家(こうりょくのいえ)へ下り、囲炉裏のそばでお待ちかねの世屋特製ランチ(*_*) 、 具だくさんのシシ汁と山菜てんこ盛り、今話題の丹後の山からのミネラルで育つ海藻アカモク、決めはやはり上世屋特産無農薬栽培・天日干しのコシヒカリです (^_^)v さらにイノシシ肉の炭火焼きがサービスされました (*^_^*)

合力の家で世屋高原の幸満載の昼食

のんびりしたあと、世屋の里を巡り、雪かきの合力(こうりょく:お手伝い)を行いました。雪かきの合力(お手伝い)

今年は雪が少なくて、でもまだ家の周りにはたっぷりありますが、あちこちに春の風情が出てきています (*^_^*)                            <midorimushi>

天橋立   磯は伸び盛りの海藻類の春。

紅藻・褐藻・緑藻類の色彩美を楽しむことができます。

2013/02/17
世屋の里は、暦の上とは知っていても春は春、ほんとの春の待ち遠しいことよとうたう「早春賦」がぴったりの風情。

1.
春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず
2.
氷解け去り 葦は角ぐむ
さては時ぞと思うあやにく
今日もきのうも 雪の空
今日もきのうも 雪の空
3.
春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しかし、木子高原は、春の立ち入りを頑と拒むように「冬」そのもの。


そんな高原をステージに今日(2/17)はスノーシューウオーク。

風が収まり日差しは薄日程度、その上しまった雪の上に新雪が積もり、これ以上望むことのないコンディション。

遠くは滋賀県、京都市内、未明より出発して参加していただいた方、ユース、海星、鳴き砂などでエコツーリズムに関わっておられる皆さんを歓迎して、木子の森は神聖な深奥部まで誘ってくれました。
所用時間約二時間、周辺の山々の冬のたたずまい、 ゆきのうえの、リスやウサギ、狐など森の生き物の生活痕、梢のクマ棚、森の相、樹種などを楽しむことができました。

また、カヌーインストラクターの北村さんが見せてくださったスノーシュー「ラン」の妙技、感動しました。

合力の家では、囲炉裏に地元産の具たくさんのお汁、


中の肉、うん!これは?
「イノシシ」
安くて量があって温かいもの、何と気ままな注文をしたものですが、心づくしの冬のおもてなしに心が温まりました。

作りたて手作りこんにゃく、ミソなども好評完売(^.^)

エコツーリズムを「環境旅行」と訳すそうです。直訳過ぎてよく分かりません、世屋流に意訳すれば「世屋の天然たちと地域の暮らし、そしてお客さんたちとの縁結び」と言うことになるのでしょうか。
世屋の里に植えられた「エコツリー」活着しています。

 

2013/02/17
見守る鎮守の森は世屋姫さん。等高線を刻む棚田の畦、、、

京の町屋を駐車場に?オーノー、二度と同じものは作れません。
天の橋立、真ん中を切ったら阿蘇海が蘇る?オーノー(^.^)
棚田のこの景観も壊れたら二度と作り直せません!
うつくしいわぁ、、、、、、、とせやのモリアオガエルがつぶやいたとか、、、。

 

« Older entries § Newer entries »