宮津エコツアー · 世屋・高山ガイド部会

世屋・高山ガイド部会

世屋・高山ガイド部会の活動ブログ

京都のN様

世屋川の下流部の河原の様子を送ります。谷から扇状地へと出るところで、大小の石が溜まって瀬を作っています。幅は三十メートルほど、かって河川公園にしていたところが最近再びきれいにされています。川の片方は自然の崖があります。一方流れの音は、農業用水を取る堰堤を落ちる音とか早瀬の音とか、当日の水量により変化しますが、かなりの音はあります。

川のそばには、地蔵さんなどをおさめた小屋。それは、ここが世屋谷の奥に点在する村々への入り口だったことを物語っているのかもしれません。

また、世屋川には、竜伝説が伝わっています。甚五郎さんもここから世屋川を上って魚止めの滝に行き着いて竜に出会ったのでしょう。

参考にしてください。

宮津 世屋エコツーリズムの会 安田潤

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

むかしむかし、宮津(みやず)地方では、田植えが終ったにもかかわらず一滴の雨も降らなかった事がありました。

IMG_2732
困った村人たちは、
「せっかくの稲が、これでは台無しだ。雨が降らないのは水の神さま、きっと竜神さまのたたりに違いない」
と、成相寺(なりあいじ)の和尚さんに、雨乞いのお祈りを頼んだのです。
すると和尚さんは一晩中お経を唱えて、仏さまからいただいたお告げを村人たちに教えました。
「何でも、この天橋立(あまのはしだて)に日本一の彫り物名人が来ておるそうじゃ。
生き物を彫れば、それに魂が宿るといわれるほどの名人らしい。
その名人に竜の彫り物を彫ってもらえば、それに本物の竜の魂が宿り、きっと雨を呼ぶであろう」
IMG_2734
そこで村人たちが手分けをして探してみると、和尚さんの言う通り、左甚五郎(ひだりじんごろう)という彫り物名人が天橋立の宿に泊まっていたのです。
村人たちの熱心な願いに、左甚五郎は深くうなずきました。
「仏さまのお告げに、わたしの名前が出てくるとは光栄です。
わかりました。
未熟者ですが、やってみましょう」
IMG_2739
しかし引き受けたのは良いのですが、左甚五郎には竜がどんな姿なのかわかりません。
他人が描いたり彫ったりした竜の絵や彫り物は、今までに何度も見た事があるのですが、しかしそれはその人が考えた竜の姿で、本物の竜ではありません。
「他人が作った物の真似事では、それに魂が宿る事はない」
そこで甚五郎は成相寺の本堂にこもり、仏さまに熱心にお祈りをしました。
「仏さまのお導きにより、竜の彫り物を彫る事になりましたが、わたしは竜を見た事がありません。
名人と言われていますが、いくらわたしでも見た事もない物を彫る事は出来ません。
お願いです。どうぞ、竜の姿を拝ませて下さい」
IMG_2751
そして数日後、甚五郎の夢枕に仏さまが現われて、こう言ったのです。
「甚五郎よ。
そなたの願いを叶えてやろう。
この寺の北の方角に深い渕(ふち)がある。
その渕で祈れば、きっと竜が現れるはずじゃ」
「はっ、ありがとうございました!」
さっそく甚五郎は案内人の男と二人で、世屋川(せやがわ)にそって北の方へ進んで行きました。
しかし奥へ進むにつれて人の歩ける道はなくなり、とうとう案内人は怖がって帰ってしまい、甚五郎は一人ぼっちで奥へと進んだのです。
険しい道でしたが、竜を見たいという甚五郎の心には、恐さも疲れも感じませんでした。
そしてついに甚五郎は、竜が現れるという、大きな渕にたどり着く事が出来たのです。
IMG_2778
甚五郎は岩の上に正座をすると、そのまま三日三晩、一心に祈り続けました。
(この渕に住む竜よ。一目でよい、一目でよいから、その姿を見せてくれ)
すると、どうでしょう。
急にあたりが暗くなったかと思うと、大粒の雨がバラバラと降り始め、渕の奥から大きな竜が姿を現わしたではありませんか。
竜は口からまっ赤な火を吐きながら、今にも甚五郎に襲いかかろうとしました。
しかし、甚五郎は逃げません。
その竜の姿をまぶたに焼き付けようと、まばたきもせずにその竜を見つめました。
そして竜は真っ直ぐ甚五郎に向かって来て、身動き一つしない甚五郎にぶつかる直前に、すーっと消えました。
その途端に、甚五郎の全身にあふれんばかりの力がみなぎりました。
まるで竜の霊力が、甚五郎の体に宿ったかのようです。
「おおっ! 竜を見た! わたしは竜を見たぞー!」
甚五郎は雄叫びを上げると急いで成相寺に戻り、それから何日も休む事なく、一心に竜を彫り続けました。
そしてやっと彫りあがった竜が成相寺にかかげられ、雨乞いの祈りが行われたのです。
IMG_2780
すると不思議な事に、今まで晴れていた空が急に曇ると、ザーザーと大雨が降り始めたのです。
「雨だ。雨が降ってきたぞー!」
「竜のおかげだ! 甚五郎さまのおかげだー!」
村人たちは大喜びです。
そして今にも枯れそうだった稲も、みるみるうちに元気になりました。
IMG_2770
この事があってから、甚五郎が竜に出会った渕は『竜ヶ渕(りゅうがふち)』と呼ばれる様になり、甚五郎が彫った竜は今も成相寺に大切に残されているそうです。

 

 

 

 

十月に入った内山ブナ林。

IMG_2569

「冬に向かい日照時間が減少すること、日平均気温ではなく日最低気温の低下、空気中の湿度、それらの継続日数など、種々の条件が関係して」紅葉が始まる、気温の目安は八度ということですので、紅葉の楽しみはもうしばらく先にとっておいて、今は、色とりどりのキノコが森の楽しみ。

白いキノコ(シロオニタケ!)

IMG_2602

(※外観が類似した種類が数多く、しばしば互いに混同されている。シロオニタケモドキ(Amanita hongoi Bas)はつばがより堅くて厚く、脱落しにくいことや、胞子がシロオニタケのそれよりも僅かに大きいことで区別されている。ササクレシロオニタケ(Amanita cokeri (Gilb. & Kühn.) Gilb. f roseotincta Nagasawa & Hongo)は柄の基部が徳利状に太くならず、つばより下には、さかむけ状のささくれを生じ、子実体は成熟すると次第に淡い鮭肉色~ピンク色を帯びてくる。またタマシロオニタケは全体に小さく、柄の基部は徳利状に太まらず、カブラ状に丸く膨れることで異なっている。オニゴロシオニタケシロトックリシロイボタケ)

紅いキノコ(ドクべニタケ!)

IMG_2613

(※ひだは白色。は白色でとても辛く無臭。硫酸鉄(II)水溶液と反応しピンク色に変色する。は白色。有毒。毒成分はムスカリン類、溶血性タンパク。)

茶色キノコ(?!)

IMG_2621

台風後に入ると風で落とそれた木の実も楽しい。

ナナカマド。

IMG_2614

アズキナシ

IMG_2607

これは珍しい!

 

IMG_2636

オオウラジロじゃないですか!

母樹はこれ。

IMG_2632

高山山塊で確認出来ている木は二本だけ。「冷温帯落葉樹林の構成種と思われる。府内でも産地、遺存的に残っているが個体数ともに少ない。」と京都府指定の準絶滅危惧種。

また、内山の里跡には、ミカエリソウ。

IMG_2561

ただし、これは植栽されたもの。人が去った水源の里に眠る里神様の鎮めに植えたというその気持ちは共有出来ます。

(※口丹波の山地、特に右京区京北や南丹市美山町などでは、山の斜面を覆い尽くすほど自生している場所も多く見られ、ポピュラーな秋の花の1つです。また日陰で少し湿り気のある場所なら低山の山麓から、標高924㍍の愛宕山の山頂付近まで自生しています。)

この稲木、つっかい棒は栗の木、風雪に磨かれた鋼のように、数々の大型台風と戦って稲を守ってきた里山の猛者。

IMG_9707

京都丹後は今台風24号の暴風域に。

コピー (1) ~ gms[1]

瞬間28.7mの風を記録したとニュース速報。

IMG_9713

そのニュースも、この暴風の野に立ち、稲を守ってうんと踏ん張っている様子を報道すればいいのにと思ったりします!

IMG_2275

最強台風の最悪の暴風を想定し、経験を踏まえ人知を尽くして備えること、その大事さをこれほど具体的に語るものはないじゃないですか。

それにしても、25号が発生し、24号の後を追う形勢だというじゃありませんか。

weathermap00[1]

台風の二重連というのは気持ちいいものではありません。

海の碧、空の青と雲の白、山の翠と赤い花、、、、

IMG_2071

十数本で景観の主役になっている彼岸花!

IMG_2076

何万本もの花が咲いていて、大勢が立ち寄る花の名所というのは作るもの。それはそれですてきでしょうけれど、花のポイントというのも作るもの、ポイントになりそうな場所を見つけ、お天気に恵まれ、ああかもこうかもと探って、ここっと決めたときの喜びはまた格別、

ここは、宮津市日置、まるたんそば屋さん前。

IMG_2072

今年の彼岸花シーズンは終わりましたけどここは見所ですから、、今だけここだけ私だけのポイント、来年のためにマークしておいてくださるといいかと思います。

28日、世屋高原は、ススキ日和!でした。

IMG_2132

収穫の多忙さの中で、来る冬への緊張を醸し出しながら深まる世屋の秋のシンボルプラントはススキでしょう!

「誰ぞ来よ 来よとて さわぐ芒哉」と一茶さんが詠んだ気持ちもなんだかわかるようです。

そこで、ススキにまつわるもろもろ噺。

①ススキと俳句

しんしんと青みゆく空花すすき  浜田はるみ

花芒遠くがひかりみないそがし 巽 巨詠子

思ひ出を運ぶ雲あり花すすき    青野れい子

IMG_2195.jpgすすきひより

②一茶とススキ俳句

豊年を 招き出したる 芒哉

穂芒や おれが白髪も ともそよぎ

誰ぞ来よ 来よとて さわぐ芒哉

散る芒寒くなるのが目に見ゆる

IMG_2169

与謝蕪村とススキ俳句

狐火の 燃えつくばかり 枯尾花

IMG_2227

上は、松尾の一本桜。その良さは、春ばかりではありませんよ。

④ススキと習俗・遊び

■月見に供えたススキを軒に吊るすと、向こう一年元気で過ごせる
という言い伝えもありますね。

■12月24日には、小豆飯を炊き、三尺もある茅の長短の箸を供えた。この箸を田植えや草取りの時に腰にさすと、腰が痛まないといわれた。

■枯れたススキの先を三角形に折り曲げ、それに蜘蛛の巣を張り付け、セミやトンボ取りに使ったりして

IMG_2079

⑤ススキと民話伝承

安産・子育に霊験あらたかとされる東京豊島区雑司ケ谷鬼子母神に伝えられるお話です

、、、、、、、、、、、、、

「すすきみみずく」は江戸時代から「麦藁細工の角兵衛獅子」とともに、雑司が谷に伝わる子供の玩具ですが、心やすらぐ民話伝承があります。
『雑司が谷に「くめ」という親孝行な娘が住んでいましたが、家が貧しく、おかぁさんが働き過ぎがもとで病気になってしまいます。薬も買うことのできない「くめ」は、優しいおかぁさんの病気が早く治るようにと、百度参りを始め、毎日毎日鬼子母神の御堂へと通ったのでした。
60日、95日…そして満願の日…「くめ」はついに疲れ果て、倒れ込んで眠ってしまいました。すると鬼子母神の化身の美しい蝶があらわれ、「お前の気持ちはよくわかりました。この辺りはススキの多い処、そのススキでミミズクを作り御堂の前で売りなさい」と告げました。
くめがはっと目が覚めるとミミズクが木の上で鳴いていました。家に帰ったくめは必死にすすきミミズクを作り、鬼子母神の御堂の前で売ると…なんとすすきミミズクは飛ぶように売れ、おかぁさんに薬が買えるようになり、おいしいものも食べさせてあげることができるようになりました。おかぁさんの病気もみるみるうちによくなり、幸せに暮らせるようになりました。』

www.travel.co.jp

<<<<<<<<<<<
60日、95日…そして満願の日…「くめ」はついに疲れ果て、倒れ込んで眠ってしまいました。すると鬼子母神の化身の美しい蝶があらわれ、「お前の気持ちはよくわかりました。この辺りはススキの多い処、そのススキでミミズクを作り御堂の前で売りなさい」と告げました。くめがはっと目が覚めると、、、、量が質に転換する瞬間というのでしょうか、いいお話です、、、

ふらっと世屋街道にはいってみなさい!

IMG_2059

一人で見るのはもったいないええもんに出会いますよ

IMG_1888

今は、コスモス!

IMG_1871

倒れても、倒されても上を向いて花を咲かせるコスモスはかっこいいですよ。

 

ハイ、ジョーモン!といって指を三本たてるのが、最新のトレンド。

ピースサインは古いのだそうです、

ジョーモンは縄文、土器に焼かれている人物が三本指を立てているからと。

pM3KMQWg[1]

それはそうと、元気がでるでぇ、若い子がきてくれると!いうのは、上世屋のお百姓さん。

一緒に写るのは高校生たち。

ここのお百姓の伝える農法は日本でももっとも古い形のものだけれども、もっとも人間的で高い教育力をもっているからとクラブ活動の一環でやってきてくれたのです。

fK4kCudw[1]

米は連作可能で、一粒から芽生えた稲が株分かれして、計二千粒にもなる、また、見方を変えれば、太陽エネルギーを人のエネルギーに変えてくれるそういう意味でもっとも優れた太陽電池だとどなたかがおっしゃっていましたが、そういうことを体感していくことは、里山を守る第一歩。

_PBVMhHQ[1]

温故知新!

7yOjqBhw[2]

今だけ、ここだけ、あなただけ!

rbLWlfzQ[2]

日本の里100の里・上世屋のお百姓と高校生が出会い、稲を刈って縛って掛ける、そこに伝わる経験から生まれたいくつもの奥深い工夫を若い世代が学んだ一日でした。

 

 

与謝野町・石田の木積(こづみ)神社。

IMG_9989

巨樹がお社を囲んでいます。

IMG_0009

もくずがにやガマがえるも息づき生物層も豊かです。

IMG_0003

ここの粗神さまのテーマは樹木・木材家屋・国土経営、いまの国土交通大臣、林野庁長官のような立場のかたです。

観光地化、公園化されて失われる神気がここにはまだ漂い、丹後のみどころとして一押しですよ。

そのさいは、「木積神社(与謝郡式内社)www.geocities.jp/k_saito_site/doc/kozumijj.html」のチェックをおすすめ。。

木の神、国造りの神が鎮座!ああそうか、でもいいけれども、せっかくなので、この神様がここに祀られている意味など押さえどころを押さえておくと視野を広げてくれます。

 

秋のお彼岸、その日のために咲く!

IMG_0612

そのぶれなさ!

IMG_0621

照るにつけ降るにつけ吹くにつけ揺れるにつけ、いずれにも「異常」の修飾語がついて、気をゆるめることのできないなんともいいようのない事態に見舞われているなかでも、早くもなく遅くもなく、ぴたりと。

IMG_0655

蝶もその一徹さにぞっこん!

IMG_0933

ぶれない彼岸花にフィットする里山の景観は少なくなりました。

IMG_0987

「里山キャンパス上世屋郷・小さな花の歌記念花木園」(仮称)ではコスモスも満開ですよ。

IMG_1011

 

 

 

 

大宮町久住の本光寺境内にある三本のシイの樹は、それぞれ三メートルを越す巨樹です。

IMG_0256

奥のは445cm

入り口のは413cm

真ん中のは少し小さいけれど、それでも309cm。

近くの延利・高森神社と権現さんの境内にも。

IMG_0310

(上 延利 高森神社)

これは、株立ち大シイ892cm。

IMG_0323

(上 延利 高森神社)

このようにお寺やお宮さんにはシイの巨樹がおおい、シイの巨樹はお寺やお宮さんにおおい、、、、

しかし、大きいことに目がいって、考えませんでした、それはなぜか?ということを!

実は、シイの森の湿っぽい薄暗さはあまり好きではなかったのです、、

けれども、シイの巨樹がお寺やお宮さんにおおく残っている理由に思い至って、それを改めました、

シイの巨樹がお寺やお宮さんにおおく残っている理由、、、

こんなことがわかりました!

その①。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

日本人は何度も飢饉を乗り越えてきた koizumipress.com/archives/15779 – キャッシュ

2018年9月1日 – 縄文人の栄養摂取術 それでは次に、飢饉のときや災害のとき、いわゆる非常時を生き延びる救荒食品についてお話をします。 まず、現代の日本で、山の中に … 堅果ではクリ、クルミ、シイの実、ナラの実、トチの実など。根茎類ではカタクリ、 …
食料を得るため、人々は歴史の中で知恵を働かせ、様々な努力を重ねてきました。長い狩猟採取の時代から、縄文時代後期には雑穀類やイモ類の栽培が始まり、ついで米作などの農耕が始まりました。米作は中世に入りようやく定着してきましたが、亜熱帯植物である稲の安定した生産は、大きな困難を伴うものでした。
近世(江戸時代)に入ってからは、用水の確保や、早生~晩生の品種を組み合わせるなどの改良もある程度取り入れられましたが、当時の未発達な技術に加え、江戸時代は全期を通じて寒冷な時代であったこともあり、不順な天候や病害虫の多発での大凶作に伴う飢饉が絶えませんでした。特に「やませ」が発生する冷涼な岩手県の気候風土では、凶作が大きな問題でした。江戸時代は栽培する品目が農民の自主裁量では決められず、大名や旗本の許可が必要だったため、気象条件が稲作に向かない土地でも稲作に励むしかないという状況や、農民に対する徹底した年貢米の収奪や、藩境はんさかいを超えた物資の交易が制限されていたことも窮状に拍車をかけた大きな原因と言われています。 明治以降、日本は西洋から新たな技術を取り入れながら独自の技術開発を進め、食料の増産に力を入れましたが、凶作は絶えませんでした。昭和に入り、戦後は高度な経済成長とともに農作業の機械化、化学肥料の使用、病害虫防除の近代化などの生産技術が著しく進歩しました。しかし今でも約10年に1回程度は不順な天候によって稲作の不作年があり、野菜や果物でも台風や大雨等によって生産が減少することがあります。そのような時であっても、世界中から食料を輸入することができる現在、飢饉は昔話となりつつありますが、当時の人々がどのような物を食べて命をつないできたのか、飢饉の歴史とともに当時の食を紹介します。かつての本州・四国・九州の暖地は、一年中緑に輝く葉を茂らした照葉樹(しょうようじゅ)の森林に覆われていました。昼なお暗い鬱蒼(うっそう)とした森林の代表者は、シイ、タブ、クスなどの常緑広葉樹(じょうりょくこうようじゅ)でした。縄文時代や弥生時代、更にそれ以前の太古の時代には、海岸線付近まで、この照葉樹林(しょうようじゅりん)で覆われていました。人々はこれらの樹木を利用しながら自然界の一員として共生して生活していたのです。しかし、現在では、ほんの僅かな地域に樹林が残っているにすぎません。シイは秋に実る果実が食料とされていました。シイの果肉はデンプンに富み、渋みが少なく生食できるし、ゆでたり炒ったりしても美味です。おそらく日本で農耕文化が発達する以前の先住民族の重要な食糧であったと考えられます。また、農耕時代になってからも、飢饉の時の救荒食糧として主要なものであったと考えられます。これは、いくつかの古墳から、シイの果実が出土することからもうかがえます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

その②

西福寺のスダジイ  敦賀市指定天然記念物 昭和58年11月18日指定 福井県敦賀市原 西福寺境内
幹周   7.5m  樹高    10m  樹齢   650年
敦賀市の西方約1kmの原に西福寺はあり、山門をくぐると樹齢を感じさせるシイの古木2本が参詣者を出迎えてくれる。
幹の太さは西側のもの(上から2枚目)がやや大きく、半円形の整った樹形である。反対に東側のものは荒々しい形相をして枝を張り、凄みを感じさせるものだ。西福寺開山の良如上人のお手植えと伝えられ、飢饉の際にもシイの実を食べられるようにとの配慮からであるという。読売新聞選の新・日本名木100選に西側のシイが選ばれ、全国にその名を知られるようになった。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

極めつけは、日本昔話で放映された昔話かも。

 「金の椎の実」放送回:0669-B  放送日:19881001(昭和631001)

演出:柏木郷子  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:柏木郷子( 京都府 ) 8446hit

あらすじ

京都の福知山にある天神様の社の傍に、みよと言う娘が暮らしていました。みよは猟師だった父親を早くに亡くし、母親と二人で暮らしておりました。ある時みよの母親が、日頃の無理が祟って重い病気になってしまいました。みよは毎日甲斐甲斐しく母親の看病を続け、天神様の社に母親の病状平癒の祈願を続けましたが、母親の容体は良くなりませんでした。

ある日、みよは天神様の社からの帰り、傷ついたコウノトリが雛を抱えたまま、野良犬に襲われているのに出くわしました。みよは野良犬を追い払い、コウノトリ を助け出しましたが、コウノトリの親は既に死んでおりました。残された雛を哀れに思ったみよは親コウノトリを埋葬し、雛に「ピーコ」と名付けて育ててやる事にしました。

ピーコはみよの世話の御蔭ですっかり大きくなりました。そんなある日、みよが母親の看病に疲れてうたた寝をした隙に、ピーコが居なくなってしまいました。悲しくなったみよがしくしく泣いていると、突然白い着物に白い頭巾を身につけた美しい女の人が現れ「みよさん、貴方の御蔭で私の娘はあんなに元気に育ちました」と言って、空を悠々と飛ぶピーコを指し示しました。その女性は、あの時死んだコウノトリの霊の化身だったのです。

女の人は「今度は私が貴方に恩返しをする番です。天神様の社の傍に、金色に輝く椎の実を置いておきます。それを煎じておかあさんに飲ませなさい。必ず病気が治りますから」そう言って姿を消しました。

みよが天神様の社に行ってみると、本当に金色の椎の実が落ちておりました。みよがそれを持ち帰り、煎じて母親に飲ませると、たちまち母親の病気は治り、元気になったと言う事です。(投稿者:熊猫堂 投稿日時 2014/1/27

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

煎じて母親に飲ませると、たちまち母親の病気は治り、元気になったというのは、シイの実の栄養価の半端なさを語ります。

椎(しい/シイ)の実の栄養と効能

椎(しい/シイ)の実は、ブナ科シイ属の常緑高木の種実。ナッツ類の一種。生でも食べられますが炒って食べることが多い。ビタミンやミネラルなどの栄養をバランス良く含み、健康に役立つオレイン酸やリノール酸、α(アルファ)リノレン酸などの脂肪酸が豊富。そのままいただく、炒め物、炊き込みご飯やお菓子の材料として利用されます。

椎(しい/シイ)の実は、糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し疲労回復に役立つビタミンB1や細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜の機能維持や成長に役立つビタミンB2、また、皮ふや粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせるのに役立つナイアシンやビタミンB6、動脈硬化を予防しストレスをやわらげる働きのあるパントテン酸そして、貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせないビタミンである葉酸を含みます。さらに、抗酸化ビタミンであるビタミンCやビタミンEを含みますので活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。また、骨や歯を構成するのに必要なミネラルであるカルシウムやリン、マグネシウムなどを含みます。カリウムも多く含まれますので疲労回復や利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。

椎(しい/シイ)の実は、良質なタンパク質や食物繊維、βーカロテン、レチノールも含む優れた栄養のある食べ物です。

こちらはアクが少ないため、そのまま粗くすりつぶし、パンやクッキーに混ぜ込んで焼くなどして食べられます。

含有する栄養成分のなかで特出しているのはビタミンCで、コラーゲンの生成に関与しています。ビタミンCが不足してコラーゲンの生成がうまくいかなくなると、細胞の分裂が弱まって壊血病になります。

また、強い抗酸化作用によって過酸化脂質の生成を抑制し、動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞などを予防するほか、発がん物質であるニトロソアミンの形成を抑える働きもあるため、抗がん作用が期待できます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

IMG_0316

(上 延利 高森神社)

檀家や氏人の心のよりどころのお寺や神社には、命の最後のよりどころとしてシイの木が植えられ、守られてきた、それが、シイの巨樹がお寺や神社におおい理由だったのです。

IMG_0335

(上 波見 高峰神社)

トチ、栗とともにシイも日本人にとって、大恩人の木だったのに、それが強調されていないことを恥ずかしい思いをもって痛感した次第です。

 

« Older entries § Newer entries »