宮津エコツアー · 世屋・高山ガイド部会

世屋・高山ガイド部会

世屋・高山ガイド部会の活動ブログ

小町温泉からの日没、

IMG_3232

日が沈んでも涼しくならないわね、とブロンズの少女たち。

IMG_3221

この暑さは、日本だけでなく、北半球全体のもの。気象庁がみせてくれたいまの気圧配置、なるほど、高気圧に取り囲まれています!

201807230295_box_img1_A[1]

この暑いときに、火!

IMG_3342

せや高原・矢野竈では、炭焼き体験プロジェクト!

IMG_3357

しんとうめっきゃくすればひもまたすずし

伝えたい側と教わりたい側と、思いと思いとで熱く結びあった仲間たちです。

IMG_3282

八月初めに炭出しする予定で、火を燃やし続けます。

 

 

 

慈眼寺歴代住職の墓地に生育する大エノキ

IMG_3369

その計測をしてくれたのは宮津高校フィールド探求部の諸君。

382cm!

IMG_3398

丹後の自然の誇る巨樹として、環境省巨樹リストにもさっそく登録されました。

榎の実(えのみ)散る 此頃うとし 隣の子   正岡子規

榎の実は「大きさ、豆のごとし。生なるは青く、熟するは褐色、味甘にして、小児これを食ふ。」と『和漢三才図会』。

この大エノキの実も里の子どもたちのおやつになったのでしょうか。

原因は太陽の異常接近!といわれてもそうかもとうなづいてしまいそうな暑さだから、ここへいらっしゃいと呼んでくれたのがここ、味土野・ガラシャ大滝!

IMG_2737

第三回里山ウオーキングッのお弁当。

IMG_2764

その作者!

IMG_2752

このサンドの不思議なのは、食べても食べても減らないこと。

IMG_2762

このあと金剛童子山の頂へ。

 

IMG_2795

酷暑のなか、丹後の絶景を展望できたのもひたすら、この弁当がくれたパワーのおかげ。

IMG_2755

帰路によった延命寺の大シイ

IMG_2807

滝・山・名水・そして巨木、、野間の誇る自然からパワーをいっぱいもらったツアーでした。

 

 

野間川源流!

IMG_2289

その谷に落ちていくのが、味土野大滝。

IMG_2330

この滝は、水の山・金剛童子山の守り主である白竜の化身とも伝えます。

細川お玉も、その娘おちょうも幽閉されたみどの、高原であっても夏は暑く、涼を求めて土地の子どもたちと降りたと伝えられるので、この滝、別名ガラシャ大滝。

明日は丹後里山うおーきんぐッ第三回。この滝へ降ります、

IMG_2298

白竜とお玉さんたちに出会えるかもしれません。

人生も社会も自然も人にやさしくはないのか現実、眠った野生を呼び覚ますことでそれに立ち向かうささやかな元気と勇気をうみだそう!

それがエコツアー!

 

「ひからこ」です、

IMG_1817

与謝野町を貫流する「野田川」上流の後野付近の川底です。

川と川の生き物の勉強をする川の学校で、です。野田川には空気式の堰堤がもうけられて、農業用水の管理が行われています。地域の皆さんの協力で、空気を注入し川の流れを一時堰き止めて、しばらく水のない状態ができるのです。今年は、豪雨で川も荒れていましたが、何とか開催。

IMG_1827

鮎、オイカワ、亀、を見つけて子供たちから歓声があがります。その歓声にまじって、

「あかいどじょうがおったぁ」

おっちゃんたちからはすぐに注意が飛びます。

「さわるなよー、その魚は刺すからなぁ」

それが「ヒカラコ」

IMG_1819

さて、標準和名はアカザ。京都府でも、絶滅危惧種に選定。

東山憲行先生が、次のように説明されています。

、、、、、、、、、、、、

アカザ 淡水魚類のアイコン淡水魚類 ナマズ目 アカザ科 Liobagrus reinii Hilgendorf

京都府カテゴリー 絶滅危惧種

環境省カテゴリー 絶滅危惧Ⅱ類(VU)

京都方言  アカシチ、アカニコ(綾部市)、オヒツ、アカビツ(八木町)、アカネコ

選定理由  近年、砂防堰堤の設置等により生息流域の消滅や枯渇等が原因で減少している。

形態  体長12cm。側線は不完全で胸鰭上方にあるのみ。上唇のひげは平たく側方へ張り出す。脂鰭は基底が長いが低い。尾鰭後縁は丸みを帯びる。生時、体色は赤褐色。

分布 日本では1属1種であり、かつ日本固有種。宮城県、秋田県以南の本州、四国、九州に広く分布する。

◎府内の分布区域 府内の主要な河川の上・中流域で確認されている。
生態的特性 水の比較的きれいな川の中流から上流の瀬の石の下や間にすみ、石の隙間をかいくぐるようにして泳ぐことが多い。夜間に活動することが多く、主に水生昆虫を食べる。水温の低い河川の上流域下部〜中流域、渓流部の清澄な水底に生息する。高温に弱く、水温が25度以上になると死亡個体が出始める。
生息地の現状  府内では賀茂川、高野川、由良川支流、竹野川、大手川、大雲川、1979年には京都市内の琵琶湖疏水でも確認されている。
生存に対する脅威 一時的であるにしろ砂防工事や道路工事に伴う土砂流出により浮き石が埋没したり、流水が枯渇することにより局所的な個体群が全滅する可能性がある。
必要な保全対策  生息場所を把握し、生息場所の保全を図る必要がある。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

IMG_1836

追加しておいてほしいこと!

① 京都方言  アカシチ、アカニコ(綾部市)、オヒツ、アカビツ(八木町)、アカネコに、「ヒカラコ」(丹後地方)
②  生息地の現状  府内では賀茂川、高野川、由良川支流、竹野川、大手川、大雲川、1979年には京都市内の琵琶湖疏水でも確認されている。に加えて、野田川(与謝野川)でも、近年開催されている川の学校で確認されている

それにしても、川の学校が開かれているのそばにはこんな看板。

IMG_1852

何が川から子どもを遠ざけているのでしょうか。

たっぷりと水、たっぷりと光
それを人は豪雨といい、猛暑といい、異常気象といいます、おかしなことですが、ふたを開けてみれば大小様々無数の土砂災害。

IMG_0870

お見舞い申し上げます。

IMG_0946

孤島になっていた丹後半島の先端伊根にも、下世屋経由でいけるようになりましたので、せや街道はときならぬにぎわい。

IMG_0927みちしるべ

さて、七月も半ばに今年もイケマ

IMG_0785
アイヌ語から名前がついた植物のひとつである、とウィクペディア。
ケマ=足という意味。イ=それ、が問題で、「それ」はカムイ=神をさしているということ、
「イ」で始まる地名が丹後に二つ、イネ伊根とイヌヶサキ犬ヶ岬、ひょっとして、アイヌ言葉で、神のイメージがあるのかもしれませんよ。
上世屋での生育地は、北海道的というのか東北的という冷涼なところです。

IMG_0128
氷河期残存植物なのかもしれません。
「アイヌの重要な植物として、古くから呪術用、薬用、食用に用いられていた。アイヌのどこの家においても、イケマを乾燥させ、蓄えていたといわれている。 イケマを身につけておくと、伝染病などから守られると考えられていた。また、葬儀のとき、夜道の一人歩き、漁や旅のときにも身につけて、魔除けとして使われていた。※つまり護身用植物、、 若芽は天ぷらなどの食用に用いていた。根も焼いたり煮たりして食べていたが、生煮えだったり、食べ過ぎると中毒になった。」
「植物体を傷つけたときに出る白い汁(乳液)にシナンコトキシンなどを含み有毒である。」

IMG_0170

とまあ、恐ろしい植物ではありますが、護身用植物ということなら、押し花とか、なにか透明樹脂に閉じこめてまつれば、ひょっとするとわがみどころか災害から国を守る護国用植物になってくれるかも。

海・山・川・里・そして人を結ぶ丹後里山ウオーキングッ・第三弾のご案内

味土野で白龍に出会う・金剛童子山ウオーキングッ

上世屋も終日強い雨。。

IMG_9777
東京の知人からのお見舞いメール!

「大雨洪水注意報が各地に出ています。、、、くれぐれもご注意ください。」

注意報はその後警報さらに「大雨特別警報」にと状況の厳しさは増す一方!

七日早朝の与謝野町。

IMG_0012

野田川鉄橋も冠水すれすれ。

IMG_0022

この間の雨量は、なんでも、かっての台風23号を超えたということです。

この状況は、宇宙から見ると、白竜に列島が飲み込まれたようです。

gms[1]

ところで、この特別警報のでる雨、人間にとっては迷惑以外なにものでもありません。

IMG_9887

しかし、この大雨を想定して命をつないできた生き物も。

IMG_9877

大雨は、モリアオガエルの卵を溶かしてオタマジャクシを水たまりに運んでやるのです。

絶滅寸前種「くされだま」も、避難することもなく平然として咲いています。

IMG_9809

小さくても一つ一つがダムの機能を持つ棚田を潰しさえしなければ、水は一気に濁流と化し、人に襲いかかることも少しはなかったのでしょうに。

IMG_9810

自然と人間のつきあい方、そんなことに思いをはせながらまずは安全にやり過ごせるようにじっとしていましょう。

退屈なら、

土砂崩れ、崖崩れ、■■■れ、■■■れなど、く■ぐ■もご注意ください。」

■■■に当てはまりそうな言葉をかんがえてみてください、

すこしは暇つぶしになるかもしれません!

 

 

草を刈り払われた明田の河川敷と堤防!

IMG_9065
内山ブナ林から流れてきた水は美しいです。緩やかなカーブに土がたまって、生き物には住みやすい環境ができています。竹野川の上流なので希少種のアカザがいるかもしれない、、、これなら子どもたちを魚釣りしようとアウトドアに連れ出せます、そんな親水公園を作られたのなら、地元の方たちはほんとに粋なことをしなったものです!

それは深読みで、繁茂する草が水の流れを妨げるので草が刈られたのか、ここで堆積した土は水の流れを妨げ下流にも溜まり沿線の洪水の原因、土を取り除く治水事業のための草刈りなのか、おそらくはそういうことなのでしょう。

IMG_9064
しかし、人は絶対に強く生き物は絶対に弱い、そこをふまえて知恵と汗を出して作られている環境が景観としても美しいのです。

IMG_9063

里山丹後のおもてなしの基本は生き物に優しい景観、それがどこにあると問われればここにもあると推薦したいですね。

もう一つさて、そんな丹後の七月のもてなし花

IMG_9075

ネムの花ですよ。

サッカーW杯ロシア大会の対ベルギー戦

日本からも、ナデシコたちが熱くあつく応援!

IMG_8456

後半終了ころには夜が明け、珍しいほどの朝焼け。

IMG_9507

これは日本勝利の瑞兆と喜んだのも束の間、アディショナルタイム終了直前に逆転ゴール。

敗戦とはいえ心胆寒からしめた日本の健闘をたたえたFootball ZONE web編集部の記事。

・・・・・・・・・・

「ベルギーにとって最高の時であり、それは日本にとって大きな傷心だ。それでもロシア2018に参加したすべてを加えてくれた日本に、W杯は大きな感謝をしたい」

同アカウントは敗戦に打ちひしがれ、ピッチに座り込む乾の後ろ姿の写真を掲載し、こう記している。この投稿に反応しているのは、世界各国のサッカーファンだ。

「日本は悲しいと思うが、本当に良くプレーした」
「日本よ、アジアのプライドを見せつけてくれてありがとう」
「日本は素晴らしい、私は泣いてしまった」
「戦術と戦術がぶつかり合う戦いだった。日本の素晴らしい戦術がベルギーを打ち破りかけた。なんていう戦士たちなんだ、日本!!」

、、、、、、、、、、、、、、、

果敢に挑んだものの敵将の首に届かず、敗戦は敗戦。桶狭間の再現はならず、

男子サッカー戦士・サムライブルーたちのこの悔しさをはらすのは、ナデシコジャパン!

為せば成る!

IMG_8462

せやの里はナデシコを村いっぱいに咲かせて応援します!

 

 

« Older entries § Newer entries »